2014/09/23

LoL 金5の有難いお話 ~バカ率~


以前duoでの期待勝率について書いたことがあったんだけども。
その時の前提で「LoLプレイヤーの1/10がバカ」ってしてたわけ。
で、ふとその「バカ率を上下させてみたらどうなるだろか?」と思ってグラフ化してみた。そしたら結構面白いグラフになったんで、それでブログ更新しよっかなと。
まぁそれだけのエントリですよ。LoLの本質には一切まったくこれっぽっちも関係ないですよ、予め断っておきますが。

2014/09/08

ドラマ「SUITS」を観る

もうさー、 CRIMINAL MINDS をシーズン8まで観終わったからその感想エントリを書いたんだよー。テキストファイルでさー。
そしたらうっかりそのファイル消しちゃってさー。もうガックリよ。せっかく面白おかしく書けたのに。

そんなわけで、もう CRIMINAL MINDS のことを書きなおす気力は無いので、別のドラマの話。
SUITS

ほし:★★★☆☆ (3/5)
寸評:いわゆるリーガルもの。ストーリー展開が分かりやすく、登場人物のキャラクター性も際立っており、なおかつストーリー進行のテンポがいい。一話観ちゃうと、時間ある限り次を観てしまう。
あくまで僕の印象だけども特に次を観たくなる一番の理由は、主人公と上司との会話が気持ちいいから。
で、裏を返すと今流行っている「ギフトもの」(勝手に僕が呼んでるジャンル)のテンプレート作品。
主人公は超人的に記憶力がよく、魅力的な上司の性格はしかしひねくれてて、嫌味な上司は言動ともにとても分かりやすい(分かりやすすぎて安っぽい)。大体超記憶ってのが全くヒネってない。直球ど真ん中のぶっ壊れスキル。
しかも極め付きなのが、主人公は実は弁護士資格を持ってないけれど、ひねくれ者の上司に気に入られたから二人で共謀して嘘ついて弁護士として雇っている、というトンデモ設定。いくらなんでもそんなことあるかよー、とか思っちゃうけども。
でもいいの。面白いから。以前観た「ブルーストリーク」と同じ。娯楽だから。痛快だから。気持ちいいから。だからすべてオッケー。深い事を考えてはいけません。


2014/09/03

ネット炎上とは、議論とは

今日は趣を異に、ネット炎上と議論、というものをテーマにしていこうかなと。
これはですね、まぁご存知かもしれませんが私の大大得意ジャンルです。
風呂敷をでっかく広げますけども、日本の中でもトップクラスの炎上エンターテイナーですよ、ぼかぁね。

なに、その職業。初耳。そりゃそうよ、だって今考えたもん。
いや、そういうのはもういいんで。

とにかくネットで祭とか炎上とかの状態になった時、どうすべきなのかというのを書いていきましょう。

まずは、分かりやすさとキャッチーさを優先して箇条書きで。
そのあと、それぞれについて具体例とか、細かい意図を書きます。
で、最後にこの「ネット炎上対応策」と「現実の議論」について、どのように似ているかを書こうかなと。
なるべく文体も簡潔にいこうかなと思うんで、超長いですけど興味ある人はぜひ目を通してくださいな。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...