2012/05/26

みるくさんチート騒動~結論の後1

とりあえず、結論後の周囲の情報を載せます。

YamatoNさんブログ
みるくさんチート騒動 結論
http://yamatonfps2.blog98.fc2.com/blog-entry-740.html
今後YamatoNさんとみるくさんとの間に入って調整しないといけませんね。

barusaさんブログ
チート騒動に関する謝罪訂正文
http://barusacs.blog.fc2.com/blog-entry-262.html
最初に出てきた謝罪文は、それはそれはひどいものでしたが、苦言を呈し、修正していただきました。
また修正に際してブログ本文にもある通り、対話もしています。
私の考えをすべて受け入れてくれるわけではなかったのですが、barusaさんの意見も最大限汲み取って理解していこうと私は努力していこうと思います。

その他のブログも紹介します。futabateiさんブログ
XrayNとbarusaが謝罪(???)したようですので私見を
http://futabatei4mei.blogspot.jp/2012/05/xraynbarusa.html
海外プロFPSプレイヤーにみるくさんの動画を見てもらって、それに対するコメントを記載してくれたfutabateiさんのブログです。
XrayNと、barusaさんのひどい謝罪文についての言及です。

つばきさんブログ
みるく氏チート使用疑惑がどうたらこうたら
http://csotbkii.blog135.fc2.com/blog-entry-103.html
他のCSプレイヤーからも、どう見えているのかという参考までに。
スレッドで紹介されていましたので記載してみました。

とまぁ、そんな感じです。
あとは、謝罪すべき人が知らぬ存ぜぬで筋を通そうとしないので、それに対して謝罪を促す行動は今後とっていこうと思っています。


2012/05/20

みるくさんチート騒動~結論

チートについて、オフ検証を行いましたので、その結果について報告します。
また、オフ検証後にYamatoNさんから指摘された事項についても報告します。

■チート判定結果白。

2012/05/15

みるくさんチート騒動~オフ検証編5

現状のご報告から。
YamatoNさんとの話し合いは無事に終わり、一定の結論に達することができました。
二人で話し合った内容、結論を検証結果発表とする予定です。
そのため、まずこちらで文書をまとめてYamatoNさんに提出し、認識の齟齬がないことを双方で確認し、その後発表いたします。
私がまだその原稿をまったく作っていません。なるべく早く作るようにします。

検証の結果については、すいませんが今は上記の状態ですので発表する段階にありません。5/20をお待ち下さい。
また、検証結果報告動画ですが、すでに指摘側が当初の指摘が誤りだったことを認めていることから簡素な内容になると思います。
疑惑動画とオフで同等の動きができているのかどうか、そこが分かるような補足説明を行う動画となる予定です。

以上、簡単ですが現状報告です。色々とお待たせして申し訳ないですが、もうしばらくお待ち下さい。


蛇足かもしれませんが、これも一応報告です。
現在、Xenqさんと連絡を取り合って今回の騒動について総括する話し合いをしています。
これも、何かご報告できるようなことがあれば報告します。

2012/05/13

livedoor Blogから過去記事を移行しました

というわけで、Bloggerへの本格移行用に、元のlivedoor Blogから過去記事を引っ張ってきました。
無料会員なのでExport機能使えないですので、以下のサイトを参考にしました。
記事の数が多い人は使えない方法でしょうが、分かりやすいので一般人はこれで十分かと思います。
http://pbrocky.blogspot.jp/2011/08/livedoorblogmtexport.html

ちなみに元サイトのURLは
http://blog.livedoor.jp/jetsetradio/
です。

2012/05/09

Androidからの投稿テスト

携帯からだと、WYSIWYGのエディタから入力できないのかー。 投稿用のアプリも評判悪いし、うーん、こまったな。 これ、平文でうって投稿してもうまく表示されんだろか?

2012/05/08

Blogger移行テスト

livedoor blogを使っていたわけですが、Bloggerに移行しようかと思ってます。
まずは、Blogger上での投稿テスト。

2012/05/07

みるくさんチート騒動~オフ検証編4

GWは個人的な都合でほとんどチート騒動について対応できませんでした。すいませんでした。

■オフ検証結果報告について
大変申し訳ないのですが、新たにYamatoNさんにより指摘されたポイントについて再検証が必要な状況と思いますので、5/13に予定していた検証結果の発表は延期します。一週間遅らせて5/20とさせてもらいます。すいません。

■現状整理
現在の状況を整理します。
  1. オフ検証を実施
  2. 疑惑動画とオフ検証動画を比較したYamatoNさんから「疑惑動画で怪しいと思われる部分の挙動が、オフ検証にて再現されていない」と指摘を受ける
  3. 上記の「疑惑動画で怪しいと思われる部分」について、私とYamatoNさんでSkypeで通話しつつ認識のすり合わせを行った
GWの間に私が対応できず、YamatoNさんにはご迷惑おかけしました。また昨日はお時間を割いていただき、ありがたい限りです。
動向をwatchしている方々にも、何も進展しない状況となってしまい申し訳ありません。

■チート指摘部分について
さて、本題です。YamatoNさんと認識すり合わせをしたところ、YamatoNさんがどの部分に対して疑念を持たれているのかを理解したつもりです。
まず、文章で指摘概要を記載します。
以下のようなシーンがあったため、チートという疑念を抱いたとのことです。
  • 上下方向に入力が必要のないことが明らかなシーンで
  • 上要素(もしくは下要素)の入力があり
  • 上要素(もしくは下要素)への入力は1f(0.03sec)のみで、次のフレームでは上下逆方向への入力を伴っている
次に、ゲーム内のタイムカウンタを用いて、具体的にどのフレームの話かを提示します。
-----
9.57→9.60 右上
→9.63 右下
----
9.69→9.73 左上
→9.76 左下
-----
9.80→9.83 微妙に上(しゃがみ撃ちのリコイルよりは確実に大きい移動量という説明を受けました)
→9.86 右下
-----
この3回が連続して起きていることが大いに疑問であるとのことでした。

■オフ検証で疑惑が晴れない理由
YamatoNさんがオフ検証の動画を確認したところ、この挙動を再現するシーンを見つけられなかったためです。
YamatoNさんはすべての動画を確認していただいており、似たようなシーンでの抽出をトライしたとのことですが、同一条件に合致して、なおかつ同一の挙動をしているシーンを見つけられなかったとのことです。

これらが本当にオフで無かったのか、私も確認したいと思います。
ただこれはものすごく大変な作業ですので、できればこの件に興味のあるみなさんも一緒に探していただけると大変ありがたいです。
「オフ動画01を見てみたら、条件に合致していそうなシーンがあったよ。ゲーム内のカウンタでxx.xxのところだよ」
といった具合にコメントなりTwitterなりで教えていただければ、ものすっごく助かります。是非一緒にやっていただきたいです。
できればどっかの掲示板で「俺これから動画01見てみるわー」などと声を掛け合って、より効率的に検証にご協力いただけるようですと猛烈にうれしいです。

■なぜこの挙動なのか、みるくさんの説明
なぜこの挙動になったのかみるくさんに確認しました
  1. このシーンでは「適当にその辺にいるやつを撃っています。あたれば儲けもの、程度の感じ」とのこと。
    (※補足:HS1発、胴体でも2発でゾンビは死ぬので、距離も遠いし適当に撃つのはそこまで不自然なことではないと思います)
  2. もともとAIMの癖として、左右に細かく動かしたいときに、下向きの弧を描く癖があるとのこと。私も確認しましたが、たとえば疑惑動画のゲーム内カウンタ23.03でも、確かに左右に速く動かしたいときに下向きの弧を描いています。
で、上記2つを前提として。
この指摘シーンでは、左右に振りながら撃っているシーンで、下向きの弧を描きながら連続して往復させているので
kensyo

という動きになっているはず。
よって、端では上に上がってしまう瞬間があるかもしれない、とのことでした。

確かに、この説明を聞くと納得できなくもありません。この説明が本当であれば、
「左右の標的を(言葉は悪いですが)適当に交互に、高速に切り替えながら撃っているシーン」
での再現性が高いはずです。
そういうシーンを見つけた方は、ぜひ教えてください。自分でも探してみます。

■使っていると思われるチートツールの仕様想定
使用しているチートについて、YamatoNさんとの間では以下でコンセンサスが取れたはずです(認識違いがあれば、すぐに修正します)。
  • 範囲発動のAA。
  • ユーザー入力に補正を加えるタイプ。
    ただし補正の強さは結構強いはず。
    - 指摘09.54からの右上方向への入力を09.57では右下への入力に補正しているため、ユーザー入力を優先させたり「時間を区切ってゆるやかに追従」するタイプではなく、補正する力は結構強くないと有り得ない動き。
    - 補正する力が強かったからといって、必ず標的上にロックするようにレティクルが飛ぶわけではない。
    - 家庭用勢に分かりやすく言うと、家庭用ゲーム機向けFPSでいうAimAssist。あれと似たようなチートが使われたのではないか。
  • Autoshot(レティクルが敵に重なったら自動的に発砲する)は利用していない。
ただし、上記のチートをずっと使用していたとすると矛盾するケースがいくつか見られます。
ですので、「いつチートをONにして、いつチートをOFFにしたのか」をプラス材料として確認します。
YamatoNさん、私の双方でお互いに動画を再確認し、いつがONでいつがOFFと考えれば矛盾がないかを再度話し合います。
これについても、もしご意見がある方おられればコメントお寄せください。

■今後の予定
YamatoNさんとの話は上記の状況です。
お互いに材料を持ち寄って、今週末5/12に再度話し合いを行わせていただく予定になっています。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...