2010/02/17

底が知れた

業務開始三日目にして、まわりのレベルの低さを知る。なんつーか「より早く、手間をかけずに、なるべくレベル高いアウトプット」という意識がない。

「たった三日で、なにを分かったようなことを」と思うかも知れないが、俺には分かるのだ。すでに打ち合わせ一回、レビュー一回出たので、俺にとっては十分な時間。
どういうポリシーで動いているかがわかる。
「納品して怒られなければいい」
「今のペースで、特に仕事の能率をあげる改善策とかを打ち出すつもりはない」
これではダメなのだが、たった三日の俺が何かを言っても白い目で見られるだけ。こっそり一人だけ能率アップを計り、まわりにも緩やかにペースアップを促す、というつもりでいく。俺の手柄ではなく、みんなの(もしくは現場のリーダーの)手柄みたいにしてやればうまくまわる。

自分への決意も込めて、blogに投稿。
やっぱり一年でフェードアウトするのがよさそうだ。


2010/02/15

待ち時間

今日から仕事なわけですが、今まさに待ち時間。時はまさに大海賊時代。
俺もまさか海賊に転職するとは思わなかった。不況だから仕方ないけど。
ダーマの神殿で色々書類書かされて、最寄駅からの交通費の請求書なども書き、今まさに待ち時間。
それさっきも言ったね。

っていうか海賊じゃねぇから!

あー、しかし一人で待ち時間をすごすというのはいつになっても慣れないもんですなぁ。心細くなってTwitterしたりメールしたりで気を紛らわせる。
待たされると無駄に緊張するし、余計な心配するし、いいことないわー。

早く家に帰ってゲームしたい。


2010/02/09

不安

ここ数日、猛烈に自分の将来が不安。
技術を適当に買ってもらって、あとはコミュニケーション力である程度長く留まる、いやんなったら次の仕事探す、ってループであと10年は食っていけるし金も貯まると思ってた。

誤算がふたつ。
いち。俺の仕事飽きるまでの早さ。次々に新しいプロジェクトを行うような職場に行きたい。延々とメンテと拡張するのは飽きる。向いてない。しかし世の中にそんな都合のいい仕事が転がっているわけない。要するに我慢が足りない。
に。昨今の大不況。技術を金で買ってくれなくなった。
ころころ仕事を変えることが難しくなっているし、単価が猛烈に下がってる。
安い単価で我慢しながら一つの仕事にしがみつくフリーランスに、なんの意味があるのか!? それなら社員やったほうが全然マシ。

というわけで、俺の中で意識が改革されつつある。
会社組織に属して、長く仕事をするべきだ、と。これからの不況時代をしのぐにはソレが最も効率いい・・・たぶん。

あと、組み込みという専門業のフリーランスは今後絶滅する。
フリーランスやるなら、プロジェクトごとの人数増減が激しい業種の経験を積む必要がある(ただし開発者の母数が多いので単価は下がるはず)。
というわけで、今後のことも考えて今までとは違う業務してる会社に入りたいもんだ。


2010/02/04

iPadだってさ

やっぱApple製品はクソだな。あんなの誰が望んでる製品なんだよ。アメリカではああいうニーズあんの? アホくさい。語る必要もなく、すべての面でどうしようもなくクソ。もはやあのバカバカしい商品の情報を目にするだけで不必要な怒りが沸く。

あんな漬物石の代わりにもならない円盤より、こっちの話はどうなったんだよ! Courierマジかっけぇ ↓
http://www.gizmodo.jp/2009/09/courier.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...