2009/07/31

関連づけ設定ができなくなった?

昨日のWindows Updateが走ってから、Vistaで関連付けの設定が手動で出来なくなったような……。
俺だけ?
画像は自分で作ったツールで開いてたんだけど、手動で関連付けできないんじゃ困ったなー。
アプリから関連付け設定できるようにしようかな……。レジストリいじらないとどうせダメなんでしょうなぁ。

あ、ちなみに画像ビューアは地味に使い勝手を向上させてたりします。
やっぱ自分の欲しい機能を逐一追加できるのは便利だね。
↓ver,1.1.1.0

※.NET Framework 3.5必須。自動でインストールしないんで、探して入れて。
全バージョン置き場

2009/07/09

Windows7に慣れてきた

ようやくWindows7を触る気がおきた。
というのも、友達から「Windows7用のカスペルスキー用意されてるよ」って教えてもらったからなんだけど。
なーんだ、なにがVistaと互換性バッチリだよ。とかちょっと思ったけど、ウイルスソフトやらディスプレイドライバやらのコアな部分は仕方ないのか、と今更ながらに思い返す。
ディスプレイドライバが動かないのも、探したら4Gamerで「最新Windows7対応ドライバ」の紹介記事が書いてあった。なんてこったい。Vista用のドライバが入らない瞬間にあきらめるとか、俺どんだけ心弱いんだと反省。



これでようやくセキュリティソフトとディスプレイドライバが揃った。
それと、前回書いてた「エクスプローラを2枚開きたい」って時に2枚目を開くのが超絶面倒って書いたんだけど、それも友達から「マウスの中央ボタンクリックで出るよ」って言われて、ちょっと感激した。
「タブブラウザとかの標準機能だと思うんだけど……」的なことを言われたけど、俺はFirefoxアドオンのTabPlusMixを使っているのでそもそも「新しいタブを開こう」と思わない。普通にWeb検索したりお気に入りクリックしたりすれば、自動的に新しいタブで開かれるからさ……。

そういれば、まだTabPlusMixはFirefox3.5に対応していないらしいんだけど、Profileコピーで環境を移行したら、なんかTabPlusMixっぽい挙動がちょっと残ってるんだけど。まぁうれしいからいいけど。

それはそうとWindows7ですよ。
昨日あまりのUIのアホさにブチ切れて、Vistaに「いじくるつくーる」をインストールして、タスクバーの表示幅を狭めて使ってみてしまったよ。
しかしこんなことではいかん、わざわざ時代に逆行してどうする、新しいものになじんでいこうと思い立ち今僕はWindows7の大地に降り立ったのである。
とりあえずタスクバーがコンパクトになるので、言語バーを最小化してもスペース的に気にならないというのはいいね。
ただ、タスクバー上で右クリックしたときに今まで出てたメニューがでなくなってるのは困る。右クリックしてから「移動」とか最近よく使ってたのに。
うちではXBOXとPCでモニタを共用してるんで(下図参照)、仮に片方のモニタがXBOX起動中だとしても、Inputを切り替えることなくウィンドウを移動できる「右クリック→移動」は重宝してたのにな。
新しいビットマップ イメージ


アプリ側の対応待ちってことなんだけど……わざわざ「移動」を実装するアプリは無いと思うんだよなー。

次はエクスプローラの話。教えてもらった「中央ボタンクリック」で、複数のエクスプローラを簡単に立ち上げることができるようになったけど、エクスプローラの最初に開く場所が「ライブラリ」なのはどうにもならんのか。一回消して「コンピュータ」を登録しても、開くと「ライブラリ」だし。オプション付きのショートカットを作って登録すりゃいいのか?
なんかもっと直感的なインタフェースにしてくれよ。
結局Orchisからエクスプローラを起動することに落ち着いてしまって、もはや擬似Dockとしてのタスクバーは意味を成さなくなってきた……

それと些細なことだけど、日本語訳が「Document→マイ ドキュメント」とかなのはダサいからやめてくれ。Vistaでやっと「マイ」が付かなくなってたのに。なんでまたマイが付いちゃうんだよ。
あと、Vistaでは「コンピュータ」だったのが「コンピューター」になってるし。「フォルダ」が「フォルダー」になってるし。ダサいからやめてくれ。

んで結局のところ、PublicのDocumentとか、必要? まったく必要性感じないんだけど。いや、あってもいいけど、こんなにアクセス性を良くする意味がわかんない。こんなんオマケ機能程度のもんだろ。良く使う人だけ「お気に入り」のとこにリンク入れときゃいいだけの話だろ。もっとひっそりやってくれまいか。Vistaはここまで自己主張してなかったぞ、Publicフォルダ……。

あとWindows Live Messengerを右下の通知領域に追いやることができなくなってる。でもOrchisはできてるから、アプリ次第なんだろうね。Windows7対応するまでタスクバーがあふれることになるかもね。

文句ばっかりなので、Windows7がいい点も。
Microsoftのページ内に「Personalize your PC」っていうページがあって、そこからデスクトップテーマファイルがいろいろ落とせる。
日本語のページは用意されていない様子。なんかドライバ情報とかないかなーとか漁ってたらたまたま見つけた。
落としてきたもの以外でも、あらかじめいくつかテーマとサウンド定義が入ってるので、ちょこっと目先を変えるのにはもってこい。
俺はこういう目先が変わるのは大好きです。

んー、後はねー、やっぱメニュー周りとかで、ちょっと直感的なインタフェースに微修正されてるのもいいかな。
そんなもんかな。
  • UACがウザくない。
  • テーマがいっぱい用意されてる。
  • メニュー周りがやや修正されてる。
ま、Windows7の利点はこんなもんかな。

2009/07/08

やっぱMSのUI担当はアホ

今日もWindows7を触ってみてるんですが、このタスクバーには我慢ならん。どうせパクるなら、ちゃんとパクれ

俺はそもそも、タスクバー上で同種類のタスクを重ねて表示する方法が嫌いだ。しかし、今回の目玉である「文字を消せる」っていう状態が、その俺が嫌いな「タスクを一まとめに表示」をONにしておかないと有効にならないというアホ仕様。

タスクバーって、見た目で何が動作しているか一覧できて、1クリックで望みのアプリをアクティブにできるっていうのが利点なんじゃねーの? それをわざわざまとめたせいで2クリックしないといけない。
俺はそういう無駄が嫌いなの。
だいたい「よし、このアプリを起動しよう」とかハッキリとした意識でやってるんじゃなくて、「あのアプリをアクティブにしたいから、たしかこの辺のタスクがあれだったなー」とか、ものすごい漠然とした意識でタスクバーをクリックするわけ。だから、2アクション必要ってだけでものすんげーめんどくさく感じるの。

んじゃせめて、プレビューぐらいはサッと出てくれと思うんだが、マウスカーソルを置いて0.5秒ぐらい待たされる。プレビューが出るまでに。
サッと出ろ、サッと!!
チャタるのがヤダから時間を置いてるにしても、もっとサッと出ろ。

で、基本的にOSXのDockをパクってるくせに、Dock以下の操作性なのを何とかしてくれ。
エクスプローラを常にタスクバーに表示させておけるのはいいとして、そのエクスプローラ起動のアイコンと、すでに起動済みのエクスプローラのアイコンをひとまとめにすんのはやめろ。
フォルダAとフォルダBを開いてファイルをコピーしたい時に、おれはこのタスクバーでどうすればいいんだよ。
  1. エクスプローラアイコンをクリックする。
  2. 開いたエクスプローラでフォルダAまでたどり着く。
  3. エクスプローラアイコンを右クリックする。
  4. メニュー(それも12項目もある)の中から「エクスプローラ」を選択。
  5. 新しく開いたエクスプローラでフォルダBまでたどり着く。
アホ? もちろん、上の工程4の話をしてんですけども。
絶対アホでしょ、MSのUI担当。

製品版では、ぜひ「タスクをまとめないで、文字だけ非表示」のオプションを追加してください。それだけでこのクソみたいなUIと関係しなくてすむんで。

2009/07/07

Windows7 RCを入れてみた

モニタやビデオカードを買ったついでに、Windows7のRC版をDLしてみた。
7月中はタダで公開されてるんで、興味のある方は是非落としてみてください。

というわけで、まだちょっとしか使ってないけどWindows7のファースト・インプレッション。

■結局Windows7の存在意義って?
まず最初に、世の中にあふれる「Windows7は最高で、Vistaなんて要らない」というムードについて。
言っておくけどWindows7はVistaのマイナーバージョンアップ。所詮ベースはVista。
なんでこの時期にVistaのSP2ではなく新OS発売なの? と思うほどに、VistaとWindows7は似ている。各種チューンを施しただけだと言っても過言じゃないんじゃないだろうか。
Windows7を使ってみて思ったことは「Vistaの商業的な大失敗により、新OSで穴埋めする必要があったから」だろうな、ということ。

Vistaの商業的な失敗の理由は、まぁ誰がどう見ても以下の2つだろう。
  1. XPとの互換性が完璧ではないため、互換性を心配して買い控えた。
  2. 要求スペックが高すぎる。
そして問題だったのは、Vistaの開発が幾度もの問題により遅延しまくり、上記(1)(2)についてVistaにおいて十分に対策できなかったことだろう。
そして今回、Windows7のRCにて「本来Vistaではここまでやりたかったんだろうな」というものを触ることができた。
まぁつまり「チューンされたVista」としてWindows7は優秀だと思う。

■Windows7の導入検討
しかし、逆に言えばWindows7におけるユーザー・エクスペリエンスはVistaと同等だということ。
Windows7を導入するか検討している方に向けてまとめるなら、僕としては以下となる。
  • Vistaユーザー → 特に変化はないので、しばらく様子見を推奨。タスクバーをどうしてもコンパクトにしたいなら導入すべし。
  • XPユーザー → 本体ごと買い替えるなら、ぜひ導入した方がよい。買い換えないなら、XPで粘れるだけ粘れ。
    ただし、今買うことと2年前にVistaを買うことはほとんど同じ意味。2年待つ意味はなかった。その事実を認めたくないならば買わないことを推奨。
スペック(特にVRAM)的にギリギリVistaを諦めていた人ならば、ちょっとしたチューンが効いてくるかもしれないので導入してもいいかもしれない。

■Windows7のレビュー
さて、Windows7についてのレビューだが、上に書いたように「ほぼVista」なため、語る部分がほとんど無い。
Vistaユーザーとして、Vistaとの差という視点で書こうと思う。

  1. UACがウザくない
    Vistaのアクセスコントロールは悪名高い。各所でウザいウザいの大合唱である。
    確かにウザい機能ではある。
    でもウザいのは「ぷぷっ」という音とともに一瞬処理が止まる(全画面が暗転し、他のUI処理は一切できない。しかも起動が遅い)というインタフェース的な意味あいでのことであろうと思っている。
    その点で、Windows7のUACダイアログはVistaより良くなっていると思う。全画面暗転とかしない分処理速いし。インストール直後だから反応が速いだけなのかもしれないけど……。

    また警告を出すレベルなどは細かく調整できるので、どんどんウザくない方向に持っていくことはできると思う。
    (ただ、セキュリティ的な意味では「ユーザーが細かく設定できる」ということはマイナス要素でしかないと思うが)
  2. タスクバーが変わった
    タスクバーの高さがちょっと増えてうざったい。けど、テキストが無いのはいいね。これは見やすい。
    ただ、OSXのDockをパクろうとしてこの仕様なんだろうけど、かっこ悪い。あと、テカテカ感とかもVistaの方がキレイ。
    大体クイック起動なんてもう俺つかってねぇしなぁ。クイック起動のところにアイコンずらーっと並べて使ってる人とかよくいるけど、俺的には信じられん。まぁクイック起動大好きな人なら、このタスクバーはいいんじゃない。OSXのDockの方が全然いいけど。使い勝手も。ていうかObjectDockっていうソフトがあるから、それ使った方がいいよ。重いけど。
  3. Vistaとの互換性
    「Vistaとの互換性は完璧!」が触れ込みだったけど、いきなりVista用ディスプレイドライバのインストールで失敗した。まぁこれはドライバ作ってる会社のせいなんだろうけど。
    なんか最初からドライバが入ってんのか、デュアルディスプレイとか解像度変更とかはうまくいった。ベンダのユーティリティが動かない。ユーティリティが動かないから、HDMI接続してるモニタの表示領域を変えられない。セーフ領域みたいに四隅に黒い帯が入っちゃうので非常に不愉快。
    って、愚痴ってもしゃーないんだけども。Vista用のディスプレイユーティリティが動かないんじゃ、他にも動かないソフトとかあるんじゃないの? XP互換モードとかいってっけど、どうせある程度エミュってるだけだろうから、やっぱ動かないんじゃないの?

    (4) その他こまごま
    コントロールパネルとかその辺のUIがちょこちょこと変わってる。
    これはハッキリ言ってVistaの方が分かりやすい。Vistaに慣れてるだけなのかもしれないけど、Windows7は設定したい項目のジャンル分けみたいなのがバラバラというか、たどり着くまで遠いというか……なんかよくわからんなー、っていうな印象。これは慣れだろうけど。
    あとライブラリって何? Vistaのお気に入りリンクと一緒? お気に入りリンクもライブラリと別に存在してたような気がしたんだけど。気のせいかな。

    まだちょこちょこ触っただけだけど、現状でWindows7の方がVistaより優れている点はUACの起動速度とタスクバーにテキストが入らなくなったことだけかな。
    Aero ShakeとかAero Snapとか、実にどうでもいい。ていうかVistaでも動かせるし。

ま、ファースト・インプレッションはこんなもんですかね。
あ、そうそう、もしWindows7 RC入れるつもりなら、インストールのパーティションはだいぶ余裕を持って確保しておいた方がよろしいかと。Vistaでもそうなんだけど、「VirtualStore」っていう機能があるので、システム用のパーティションでも意外と容量を食う場合があるので。

2009/07/04

サブモニタを買いかえたい

モニタを買い換えたいからって色々調べてたら朝だよ。朝。
これじゃ調べても「就寝→起床→気づけば午後4時→もう今から行っても…→ゲームでもすんべ→午後4時まで起きてたから眠くないお!→気づけば午前5時→就寝」という自堕落無限ループに陥ること必須。
でも思い立ったが吉日っていうし。今知りたいことは、今調べる! やりたくないことは、やらなきゃいけないことがわかっていても可能な限り先延ばし!

今デュアルディスプレイにしてんだけど、サブの方が17インチ液晶1280*1024という、それなんていうWindows98って世代のものなのでもういい加減限界。
実際ハード的にも限界が来てて、接触が悪くなっちゃってまともに画面が映らない。
スクリーンをキャプっても意味ないので言葉で説明すると、モニタにあんかけチャーハン(ある程度冷ましたもの)をぶっつけて、でろーんって垂れてきた「あん」を縦2ドットおきにキレイに拭き取ったようなカンジになってんである。
っていうか、簡単にいうと画面全体に横方向のノイズがずっと出っ放し(ずっとチラついてるカンジ)なんである。最初からそう言え。

もうこんなチラチラしたのはイヤなんで、もっと長いスカートを履くか、いっそのことジーンズを履きなさい。いや、そういうチラリズムの話じゃねぇから。

どうせモニタ買うなら、今激安になってるフルHDのものがよろしかろう。メインは今1920*1200。サブを1920*1080にしたら、メインの方にだけタスクバーがあるからちょうどいいんでないの、と。
今はモニタ激安なんで、フルHDなのに2万円しない。なんていい時代なんだろう。

で、今のPCがVista登場と同時に買い換えたものなんでビデオカードがちょっと古い。当時の廉価カードなんでGeForce7600GTの256MB。
別に性能になんの文句もないんだけど、実は落とし穴があって…。
VistaのAero(あの半透明のイカしたやつ)を有効にするには、フルHDの二画面構成だと512MBが必要とか抜かしやがるんだぁ、コイツがよぉ!
Vista使っててAeroなしとか有り得ない。っていうかAeroのためだけにVista使ってるって言っても過言じゃないし。たまに一時的にBasicモードになったときのメイリオフォントのジャギーとかすげー萎えるし。
システム全体でClearTypeが利用できるってのが俺をVistaにいざなった最大の理由なんだよぉぉぉーー!

というわけで、512MB搭載のビデオカードも買いたい。
せっかくビデオカード買うなら、そこそこいいやつを…とかやっぱ、いろいろ考えるわけじゃん。そりゃ朝にもなるよね。
調べていると、なんか今時代はRADEONだ、とかいうじゃない。一昔前にはまったく信じられない話だけど、なんかそーいう風になってるみたい。
GeForceの最新とRADEONの最新を比較して、コストパフォーマンス的にはどう考えてもRADEON。2009/07現在。
とりあえずPCI Expressはさすがについてるんで、ある程度安くなってる製品を検索しようかなーとか思って、まずはHD4870(実質ハイエンド機種)の価格でも調べよう、とか思ったワケ。
でもふと気がついて、消費電力を調べたわけ。
  • GeForce7600GT:ピーク36W
  • RADEON HD 4870:ピーク132W
    (参考→ココ
ダメじゃん。ぜんぜんダメじゃん。電源ユニットも買わないと話になんないじゃん。
さすがに電源ユニットを変えてまで高性能なVGAカード手に入れたくないんで、省電力・廉価なものを調べてみる。
そこでまたGeForceの8000代・9000代の「性能と型番数値はまったく比例していない」という命名規則にブチ切れですよ。なんで適当に製品名をつけるのか!!
適当に数値つけるんだったら、固有名詞を振れ。アホか。
「GeForce Fighter2」とか「GeForce Fighter2' TURBO」とか「GeForce Fighter ZERO3 Second Generation」とか、そういう風にしてくれ。ヤダよアホか。

んで、どうにかこうにかGeForce 9600ってのが今の廉価版最低ラインらしいとわかったワケ。
んでそれに対抗するRADEONが、HD4670らしい。
  • GeForce9600GT:61W
  • RADEON HD4670:48W
ってことで、HD4670に決める。GeForce7600と比較してピーク12W増ぐらいなら、なんとかなるだろ…今の消費電力実測なんてしてないけど…。
今までずーっとGeForceを使い続けてはや幾年。ATIをせせら笑っていた時代が僕にもありましたが、今や時代はATI!(正しくは今はAMDだけど)
色々なレビューサイトを見て比較検討しても、性能はやや9600が上ながらコストパフォーマンス・省電力性などの面からHD4670を評価する声も根強い様子。
っつーかGeForce7600GTで「性能に不満が無い」とか言っちゃってる俺から見たら、そんな微々たる性能差どーでもいいわな。

しかしHD4670製品って安いのね。1万円しない。ホントいい時代。
というわけで、モニタとビデオカードの商品候補を価格.comとAmazonで調べてある程度アタリがついたんで、Blogのネタにでもしようと思って書いておる次第。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...