2006/06/25

ディープインパクト、宝塚快勝

日曜に、春競馬を締めくくるGI宝塚記念がありますた。
そこに去年の三冠馬ディープインパクトが出たわけですが、まーこれが強い強い。安定感といい、末脚のキレといい、他を圧倒する内容でした。
ルドルフの果たせなかった海外GI制覇の夢を叶えるかもしれないと思うと、今からが待ち遠しい!

ディープが挑戦するのは、フランスで行われる凱旋門賞。かつて日本のエルコンドルパサーが2着したこのレースを、ディープインパクトは勝ってくれると信じているわけです。
そもそもエルコンドルパサーが直線に入って、後続を離して先頭走っている映像は今観ても鳥肌が立つよ。今度は逆にディープが差しきる競馬を見せてくれるだろうよ、きっとね。
フランスの芝がよっぽど合わなければ敗退もありうるが……。できれば勝って欲しい。

俺としてはその後ドバイWCに行って欲しい。ドバイは、芝の一線級が行かないと勝てないよ。

2006/06/24

ひさかたぶりの麻雀

久しぶりに麻雀をした。結果的には2位だったけど、まぁまぁよくやったんじゃないかな。
一人ついてない人がいて、交通事故的な振り込みを何回かして相当へこんでたんで、その勝ち分を1位と2位(俺)で取り合ってました。俺は2500円ぐらい、1位はその倍ぐらいの勝ちかな。

すこし全体的なレベルアップを図って、レートを上げるのを今後の目標にしようと思います。

2006/06/21

MSN Messenger for W-ZERO3

W-ZERO3上でMSN Messengerを動かすことができるようなので、とりあえず物好きとしては入れてみることにした。
いろいろ紆余曲折があったなぁ。


まずGoogle先生で出てきたWikiをチェック!
Microsoftのサイトで「MSN Messenger for PocketPC2002」があるのでそれをDLして、PocketPC2003パッチを当てる。
起動してみると、まぁ確かに起動できたが、英語だしQVGAの画像を引き延ばして表示してる感じでドットがガリガリ。んー、もっと綺麗なのがいいな、と思ってさらに探す。

今度は別のサイトで、個人が作成したパッチを配布していた。こっちは日本語なので意気揚揚とDL。
ん、なんかうまくインストールできない…と思ったら、同じ症状の人が結構いたようで、かなりその場しのぎチックな修正パッチがあった。それも2個も。
両方とも当てた。見事に日本語でVGA表示でけた!

というわけで職場でPHS使ってMSNにサインインしてみたりしている今日このごろです。

2006/06/19

Opera8.6 for W-ZERO3

W-ZERO3の標準ブラウザは、IE for PocketPCである。これがまーいい加減なつくりで、普通にPC用のWebページ閲覧しようとすると、見れたもんじゃない感じにエキゾチックな雰囲気を味あわせてくれる。横スクロールバーなんて、まぁ珍しいわ!

というわけで、僕はすぐさまOpera8.5 for W-ZERO3をDLして利用していたわけである。しかしまぁコイツには致命的なバグがあった(今思うとよく我慢して使っていたと思うが)。そのバグとは

2バイト英数字、「ー」「~」がすべて文字化けする

という、おいおいっつーレベルのもの。
「チェコ対ガ・ナは、・対・という結果となった」
おいおぉ―――い。完璧にジョークの世界だろ。というか一番伏せたら面白いところ伏せんな。

というわけで6/6にOperaが8.6にバージョンアップした。このバグが直っていることを期待してバージョンアップ!
結果的に、このバグは修正されていた。というかこのバグが世間で騒がれていない理由が分からない。俺のやつだけなのだろうか? まぁ8.6で直ったからいいけど。
UIもかなり改善されて、「新しいタブでリンクを表示」ができるようになったので、かなりOperaっぽいブラウズができるようになった。これでとりあえずWebブラウズ環境はほぼ完璧である。

2006/06/16

梅雨

僕は雨が嫌いではない。むしろ好きなぐらいである。
雨の中、ひとりで車を走らせて、誰もいない海浜公園に行くのなど、たまらなくゼイタクな気持ちになる(もちろん時間を無駄に使っているという意味でのゼイタクだが)

しかし梅雨の雨は別だ。この湿度といい、じとーっとした雨といい、なにかネガティブなオーラを感じる。僕の心の琴線には触れやしない。

僕は車のエンジンを止めた時に、ふとやってくる一瞬の(錯覚による)静寂と、その後忘れたようにやってくる雨だれが好きである。不規則な、しかし小気味よく屋根を叩く、あの音が好きだ。
しかし梅雨の雨にはその軽快さが無い。陰気な雨は、気分を暗くさせる。これ以上暗い気分にはして欲しくない。
これではエンジンを止めたあと、しばしシートに深く腰かけて深呼吸する気分にならない。

早く梅雨が終わらないかと今から待ち遠しい僕である。


2006/06/15

アクセラが新しくなりました

04bae22b.JPGあてくしが乗ってる車はマツダのアクセラなんですが、アクセラがこのたびモデルチェンジしたとのことです。→アクセラ・メーカのページ

普通のアクセラは、まぁ全体的に細かなところが変更されて、2.3Lグレードの見た目が結構かっこよくなってます。俺のは一番下の1.5Lなのでほとんど変わりません。
あー、でも2.3Lについてるアルミホイールがかなりかっこよいデザインなので、あれは欲しいですな。

それよりも、MAZDASPEED AXELAというモデルが堂々と登場ですよ。もうね、むやみに欲しくなるね。今の1.5Lを10年ぐらい乗って乗りつぶしてやる気満々だったんですが、なんかあと3年経ったら乗り換えそうで怖いです。6/22に、4WDモデルと同時に登場だそうで、なんかディーラーとかに来てないか見に行っちゃいそうですわ。

まぁ露骨にスポーツカーでございます、って感じでなく、でも中身はちゃんと作ってるって感じが俺の求めているものとバッチリ適合でありんす。なんかもう今後マツダ車しか乗らないような気がしてきた。マツダ信者ですか、俺は。
でもなー、ウィニングブルーマイカのカラー設定がなくなっちゃったからなー。残念だなー。まぁ別にいいけどさ。
次に車を買い換えるときにはMAZDASPEED AXELAにしてやろうと心に思う僕でしたとさ。

2006/06/13

いやまぁ

なんていうかさ、いろいろ言いたいことはあるけどさ。
やっぱり俺は川口能活が再び嫌いになりました。もうウンザリ。他のいろいろにもウンザリ。
高原と柳沢のショボチン野郎どもにも怒りを禁じえない。
後半ぐでんぐでんにバテてる中村をひっこめないベンチもムカつく。
いろいろあるけど、やっぱ川口が死ねば解決するよ。

357号の千鳥町交差点が立体交差してた

日曜に357号の西行きを走ってて気づいたんだけど、千鳥町交差点って、立体交差工事終わってたんだね。ちょっと目を離した隙に工事完了してた。
ここは、直前で2車線から3車線に広がるんだが、右側を走ってると自動的に首都高に乗せられるという粋な計らいをする交差点として俺の要注意ポイントであったわけだが、それも無くなった。
というか、左側走ってれば安心と思って左側走ってたら、突然側道になってしまった。3車線のうち「左・中央」が安全だったのに、いつのまにか「中央・右」が安全なレーンになってた。先言ってよ。
まぁ別に側道からまた本道に復帰できたからいいけどさ。やっとできた陸橋通りたかったのに。

高浜交差点の立体交差化はまだかな~。っていうか船橋のあたりの立体交差化をしてくれ、マジで。あそこは慢性的すぎてダメだから。

ちなみに高浜陸橋(東行き)についての立体交差化の効果がかかれたところ→(PDF)


2006/06/03

偽善テレビ

30a6285f.jpg「同じ時間に生きているとは思えないんですよね」
酒井美紀が涙ながらに語る。それが日本人のごく一般的な感想だろう、俺もきっとそう思うだろう。
そういう状況が世の中にあるということを知ることは、確かに必要なことなのかもしれない。そういう意味ではこの番組にも意味があるかもしれないが……。俺はこの番組のコンセプトが心底嫌いだ。


富めるものが、貧しきものの生活を見て哀れむ。そんなのをテレビで流してエンターテイメントとして提供するということに抵抗を覚えるのだ。
いうなれば、われわれ日本人はマリー・アントワネットである。冒頭で書いた酒井美紀の抱いた感想は、いわば「パンが無いのなら、ケーキを食べればいいじゃない」という意味とほとんど同義だ。
彼らの国はお金をなかなか手に入れられない、我々は比較的簡単にお金を手に入れられる。安穏とした生活できる奴が、どうがんばっても人並みに生きられない境遇の人を見てかわいそうだね、なんてさ。悪趣味だろ。「んじゃパンの代わりにケーキを食うからケーキくれよ」ってことだろ。

いや、ものすんごいかわいそうだと思うよ、俺だって人間だしさ。だけどさ、なんていうかさ、言葉にできない違和感があるのよ。要はさ、金じゃん。金が無いんじゃん。フィリピンとかアルゼンチンとか、貧しい国なわけじゃん。本来は教育が国を支えていくし、子供のを保護できない国はどんどんダメになっていくんだけど、それができないわけじゃん。もしかしたら、そういう「共同体が助け合って生きていく」という文化が欠けている国なのかもしれないが、そこまで事情は知らないよ。

でも、まぁなんていうかさ、現状は都市中心部の資本と郊外の格差が大きくて、都市部で働ける人間がいなくなった奴は死ねっていう社会構造になってるわけじゃん。で、その格差を作っているのはその国の政治なわけじゃん。
現状では、その国の社会がその人口を支えきれないってことでしょ。近代になってこそさ、社会保障みたいなのは一般的だけどさ、前近代では「自力で生きていけない奴は死ね」っていう構造だったわけでさ、別にその国が国民を支えきれずに死ぬ人が出てくるのは昔からのことでしょ。

この番組が特に悪質だなと思うのは、常に子供をメインに据えていること。子供がうんぬん、子供を助けたいうんぬん……。でもちょっとカメラの外には、子供だけじゃない、大人がいーーーっぱいスラムにいるじゃないか。彼らは別にどうでもいいのか? 社会的に抹殺されてるのは彼らも一緒だろ。子供だからかわいそうで、大人はかわいそうじゃないのかと思う。

こういう言い方は好きじゃないが、基本的には富めるもの達の搾取によって貧しきもの達が発生している、という大原則じゃん。いや、別に富めるものが悪いと言っているわけじゃないよ。たださ、この大原則に則って考えるとさ、日本人が貧しい国のかわいそうな人のことをみて涙を流すってさ、なんていうかおこがましくはないですか、と感じるわけよ。しかも子供をダシに使ってさ……悪趣味。
なんかテレビみてさ、お恵みをくれてやる、みたいなのも気に食わないしさ。

この番組を放送して集まった募金は、たったの1892万円ですよ。たぶん放送した地区の人間丸ごと「その国の一般人並」の生活水準に上げるには、60億ぐらいあればできるでしょう。日本円を、一人頭5000円出すとして、1年で1人6万、それを10年で60万、それを1万人で60億。スラム丸ごとまともな町にできるよ、きっと。
集まった募金は1900万ってことで、一人1000円出したと考えると、まぁ2万人じゃん、募金に参加した人ってさ。
2万人がさ、50万出せば10億。250万で50億だよ。
1000円募金した奴らさ、んじゃ250万は出せますかってことですよ。出せないでしょ。
なんで出せないの?
250万ぐらい払えるでしょ。2,3年コツコツやっていけば貯められるでしょ。払わないのはそりゃ、やっぱ自分に損だからでしょ。
ん、自分だけ払うのは不平等だから? つまり「自分だけ損したくないから」だよね。
んじゃ法制化してさ「支援税」として国民は一人あたり500円を払うとしたらどうよ。一気に500億だよ。でもそういうことしないでしょ。反対するやつもいるでしょ。損だからね。
日本だけじゃなくてさ、各国そうでしょ。みんな「貧困がテロを招く」とかさ、いろいろ言うくせに身銭は切らない。富めるものは、一揆を起こされないぎりぎりのラインで搾取し続けたい、それはいわば当たり前の話なんだよ。

生きていくのが精一杯、ゴミ山で生活、児童買春で生活、下水道で生活、そしてそういう人がいる国。その国ではそういう人がいるのは当たり前。助けていたらきりが無い。これは、いわば仕方の無いこと……。その国の政治が悪いせいなのだよ。

なんていうかさー、もうね、涙流す奴ってさ、ダメだよ、偽善というか、もう偽善を超えた犯罪。その国の現実なんだよ、現実を見て涙するってさ、どんだけその国をナメてんだってことでしょ。250万出す気が無い他人事なんだからさ、あくまで他人事として「( ´_ゝ`)フーン」が、あるべきリアクションなんだと俺は思う。

俺は、誠意を持ってリアクションしよう。
世界がもし100人の村だったら。
17人の人が文字が読めません、14人が清潔な水を手に入れられません。

( ´_ゝ`)フーン

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...