2005/11/28

思うのだが

目の前に62億が転がってたら、そりゃ結婚しない女はいないと思う。
さすが松井、というか、さすが女優。お金に素直。

にしこり ←松井の顔

2005/11/22

代わりの車、すなわち代車

あたくしの車はマツダのアクセラという車なわけですが、1.5リッターのマニュアル車に乗っているんです。まぁその車がタクシーに後ろからぶつけられて、今修理しておる最中なわけでございます。
まぁぶつけた影響がどこまで行ってるかわからないので細かいところまで確認してくださいとディーラーにお願いしたのと、ちょっとだけボディーにダメージ(ダメージのほとんどはバンパー)があったので、修理工場にしばらく預けることになりましたとさ。
しかし23日には車を使う予定があるので代車を要求してみたら、結局レンタカーを手配してもらいました。今日はその顛末。


タクシー会社の事故担当が、なんだか知らないけど突然保険会社に投げて、保険会社が代車としてレンタカーを手配することになった。東京海上の担当者が俺に電話をかけてきてどういうレンタカーならいいの、みたいなことを確認してきた。
4人で移動するつもりだったので、ちょっとでかい車だといいなーみたいな気でいたのだがその願いはかなわずあっさりとマツダレンタカーでアクセラを手配された。見事に同じ車。なーんだよせめてプレマシーぐらい貸してくれよ、と思ったがまぁいいや。

で、そのレンタカー会社からまた俺に連絡。タクシー会社、ディーラー、東京海上に続いて今度はレンタカー会社と連絡を取らないといけない。非常に面倒くさい。やっぱり事故は損だ。首が痛いとか休業補償しろとか言えばよかった。
しかし東京海上の圧力なのか何なのか知らんが、なんだかすげーレンタカー会社の対応が丁寧だった。そしてサービスもすごい。
「お車をお客様の駐車場において、鍵をポストに入れておきますので」
という配車方法もすごいし、返すときは
「営業所の駐車場に入れていただいて、鍵を助手席のマットの下に入れて運転席側には鍵を掛けて出ていただければ結構ですので」
という、なんというかすごいVIP待遇。レンタカー会社の人と一度も顔を合わせないで車を貸し借りできちゃう。
損保ってそんなに力あるの? っていうかやっぱりレンタカー会社にとって大口顧客なんだろうな、すごいパワーだよ。

それはそれとして、アクセラの1.5リッターのAT車に初めて乗った感想もいっときます。なんていうか、1.5リッターって出力よわーい。高速だとすげぇキックダウンしたくなる。なんていうか、ATの大事なところでの非力さを感じた。やっぱりATっていうだけで出力は10%以上少ないわけだし、シフトダウンするにもダイレクト感が弱いから難しい(というか4速ATなのが問題なだけかもしれないが、3速と4速の間がかなり飛んでいて100km/hで3速だとすっげー回すことになる)。アクティブマチックなんだけど、とてもじゃないがMTとアクティブマチックの操作のしやすさは違う。MTの方が断然運転しやすい(燃費を考えずにじゃんじゃんエンジン回していいならアクティブマチックで3速にしておけばいいのだが……それじゃエンジンもうるさくなるしなぁ)。
MTだと150ぐらい簡単に出せちゃうアクセラ1.5も、ATでは140ぐらいがちょうどいい速度に感じた。それ以上はエンジン回しすぎって感じ。
いやー、こんだけ顕著に差が現れるとさー、もうAT車かおうと思えないね。MTの方が運転しやすい、っていう表現には難しいニュアンスが含まれているのだけど、高速で緩やかな上り坂になったときにも気にせず登ることができるとか、パワーがたりない場合はATよりも早く感じ取ることができるとか(ATはアクセル踏んでみないとスッと登れるか分からない)、まぁMTの方が何かと気持ちよく走れるもんだね。
ていうかCVTなら坂道なんて気にする必要ないよ、って言われそうだけど。俺的にはCVTは回転数と速度の対応が取りにくい時点でかなり乗りにくい。100km/hぐらいだと思ってたら80km/hだったとか平気であったからね~。
しばらくはMT車マンセーで生きていこうと思います。

2005/11/20

iPod (゚∀゚) nano!

nano01

前から欲しいなー、けど金ないからやめとこーと思って買わなかったiPod nanoですが、ゲットしてしまいました。
世間では傷が付きやすいだの何だのと何かと話題のnanoですが、こんなに小さくて4Gっていうところにすごく惹かれています。
そもそも僕は小さい電子機器にすこぶる興味があるわけです。というか、小さいことよりも「薄いこと」が重要なんですけどね。ノートPCも東芝のDynabookがすっげーーー薄くって感動して買ってしまったし、デジカメのDimageXもあの薄さで光学3倍ズームというのに感動して買った。で、このiPod nanoはこの薄さで4Gという容量を実現しているわけで、なんかすげーーーって思っていたわけです。そういう意味では、俺の趣向にバチコーンとヒットした商品です、iPod nano。


また、アップルの資本の力で、音楽の流通系の変革の速度を上げてくれたのはいいことだと思いますよ。旧流通系にまた握られる前に新しい企業が流れを掴むことでコストダウンにつながると思うわけです。ていうかnanoがなければ俺はいまだに「podcastってなに?」って言ってたわけです。

まぁiPod nano自体には、使い勝手の悪い部分もあるにはあります。主にソフトウェアへの不満ばかりだけど……。まぁデザイン先行の商品だからある程度目をつぶれる(自分に言い訳できる)からいいですわ。デザイン悪くて使い勝手も悪いものに比べたら100倍マシ。
でも、やっぱこれ使い続けると傷つきまくるのかな……尻ポケに入れてると、バキっといきそうで怖い。結局小さいのにジャケットのポケットに入れて聞いてる。これじゃ今まで使ってたGIGABEATと変わらないじゃ~ん……。
nano02
まぁ今までの初代GIGABEATに比べたら大きさが1/10ぐらいで容量は5G→4Gだし、変な独自フォーマットへの変換いらないし、液晶はカラーだしきれいだしバックライトついてるしゲームとかメモとかオマケ要素もいっぱいあるしHOLDの位置が使いやすいし、なによりピカピカのテカテカですごいワクワクするからとてもnanoには満足しています。


それにしてもね、なんというかもうちょっと使いやすいソフトを作ればいいのに、と思うね。こんなんだからMac売れないんだよとしみじみ思う。世間に少しは迎合してもらいたいもんだわ。まぁ慣れたからいいけど。あとMacOS9向けのiTunes作れよ。podcastとか様々な機能があるけど、あんなソフトどう考えてもOS9で作れるだろ。もっというとiTunesの仕様がかなり質が低いと思う。これ設計したやつの顔が見てみたい。
あと充電するのに、標準ではUSBケーブルしかないってのも何とかして欲しい。このエグさが嫌い。ソニー的で。

まぁ結局アップルの仕事ですからムカつくことも多いけど、別にnanoに罪はないからね。電池の持ち以外はだいぶ満足。電池は、片道1時間ちょいの通勤で使うと半分減る。でも薄いから許すけど。

2005/11/15

町田女子高生殺害事件

7c0d108c.jpg
いまやワイドショーのネタはこれで決まりである。ワイドショーだけでなく、夜中のニュースもこれで決まりである。しかしこのニュースを見るたびに、どうしても違和感を感じる部分がある。それは「30分も助けてという絶叫を聞きながら、なにもしなかった近隣住民」に対する憤りである。



少年は気がふれていて、幼馴染の女の子に対する勝手な思い込みから殺害までいたる、という具にも付かないストーカー殺人(状況的にはキチガイの事件だからストーカーですらないが)だ。
どの記事やインタビューを見ても「当日はすごい音がしていた、悲鳴も聞こえた。30分ぐらい続いていた」と、そのほかの住民が平然と答えている。mainichi-MSNには
-----
調べでは、少年が優亜さんを襲ったのは10日午後5時半過ぎから約30分間とみられている。近くの住民が「ドスン、ドスン」という物音や悲鳴などを聞いていた。
-----
とある。
助けに行ってやれよ。なぜ助けに行かない? せめて警察に通報しろ。泥棒がいるかもしれないけど、怖くて踏み込めないなら警察を呼べ。それすらせずに結局母親が娘の死体を発見するまでの数時間近隣住民は「ふー、やっと静かになったね」ってなもんで知らぬ存ぜぬを決め込んでいたわけだ。

この点に違和感を覚える人も多いと俺は信じたいのだが、なぜその点をどのリポーターも聞かないのだろうか?
「すごい物音がしていました」「なるほど。それであなたは助けに行ったり警察に通報したりはしなかったんですか? なぜしなかったんですか?」と。どう考えてもそっちの方が事件の核心だろ。キチガイが人を刺した時の心境の変化なんてのは、実際はどうでもいいキチガイにしかわからない問題だ。
しかし簡単にBlogを検索してみたが、町田女子高生殺害事件について、近隣住民を非難するような内容は見受けられない。なぜだろう、俺だけなのだろうか、憤っているのは……。
だって、警察に通報すらしないヤツラだぜ? 非難されて当然だろ。それが社会ってもんだろ。むしろ通報しないで我関せずが普通なのだとしたら、この国の社会ってものはまったくもってぶっ壊れている。狂っている。異常である。

近隣住民が即踏み込んでいれば殺されずに済んだと思う。昔から気がふれちゃったヤツってのはいたが、それが人を殺す前には周辺住民の間でアイツはおかしい、っていう噂が流れ、暴れたら即とっちめる、という流れがあったはずなのだ。だから今回の事件も、暴れたときに踏み込んでとっちめてやれば大問題にはならなかった。

俺が殺された娘の母親だったら、近隣住民への怒りではらわたが煮えくり返ると思う。そして即引っ越す、そんな住んでても意味ないところ。
まぁ俺が住んでいるところでそんな騒ぎがあったとして、踏み込む勇気があるかどうかは微妙なところだが、少なくとも警察に通報はしているはずだ。ていうかやっぱり踏み込むな。だって異常だもん。呼び鈴ぐらい鳴らすだろう。

なんというか、サブい事件とサブい世の中だこと。

ていうかさ、そこまで何度も報道するような事件? コレ。被害者の小学校時代のビデオ流して楽しいか? そのうち被害者女子高生の流出物裏ビデオが発見されてそれを大々的に販売するための伏線なんだったら納得もするが、すでに死んだ人の生きていた頃の映像を大々的に全国放送することもあるまい。っていうか迷惑だろ。マスコミ死ね。ゴミ虫どもが。お前らはゴミ屋敷を4軒持っているオッサンを取材する前に自分達のゴミっぷりを取材しろ、カス。

2005/11/13

我がアクセラ(と俺)に降りかかった不幸


バッドである。超バッドである。Who's Bad! である。どこ、どこから来るのか、である。
とにかくたった今が絶頂ブルー将軍なのである。

何って、事故ったんです。



事故った場所はここである(というか、こんな航空写真データ持ってるlivedoorすげぇ)。
わかりにくいとは思うが、スクロール地図などとあわせて理解してほしい。
この航空写真でいうと、左下から右上方向に向かって伸びている5車線道路を直進しようとしていた。午後16時のことである。
首都高から霞ヶ関ICで降りた。霞ヶ関ICは形が特殊で、出口はそのまま5車線道路の右側2車線に変わる(つまり、もともと3車線の道路+霞ヶ関IC出口の2車線で、合計5車線の道路となる)。
この道路を直進するためには、左3車線に移る必要がある。で、まぁ信号もあるのでなんの問題もなく移った。左から2車線目を走行。前に大型観光バス、後ろにタクシーという列で30mほど進んだ。
|.  .|.  .|  .|
|←↑| ↑ | ↑ |
|.  .|.  .|  .|
という3車線だったのだが、僕の前のバスが2車線目から大回りで左折しようとしていた。別に珍しいことでもないので減速して曲がるのを待つ。僕はこの次の交差点で左に曲がりたいので、右から追い越すと元の車線に戻るときに面倒だ。このままバスが曲がるのを待った方がよい。

で、バスが曲がったので直進することにした……ら、なんと大型バスに隠れて見えなかったが、信号が赤ではないか!
慌てて急ブレーキ、横断歩道を完全にまたいでしまったが、交差する車線にはみ出すことなく止まれた。あぶねぇ、あぶ……ガシャン

ぇ―――
赤信号で止まった俺に、ブレーキの間に合わなかった後ろのタクシーが追突した。タクシーはなんとか避けようと右に急ハンドルを切ったようだが間に合わずタクシーの左前部分と僕のアクセラの右後ろバンパーがガッスリぶつかった。

うぇーんうぇーん なんで俺が事故るんだよーショックー……「まさか自分には起こらないだろう」ということが、実際に起こってかなりヘコんだ。というか、まさか俺が事故るとは思わなかった。後で保険屋とかに電話してみて10:0の事故だと言われたが、こちらの過失が0だとは言われても、ちょっとショックだ。急ブレーキがなければ起こらなかった事故である、というのが俺の心のどこかにあるのだろうが……。んー、カマ掘られるような運転しちゃいけません(いや、でもどうしようも無かったと思うんだが……その葛藤がいつまでも続いている)。

まぁ幸い怪我人もなく、こちらはバンパーだけでライト類も壊れていないし自走もできる。一番迷惑だったのは、タクシーに乗ってた客かもしれない。苦笑いして降りてった(料金は結構です、みたいなことになって笑ってたのかも?)。
警察呼んでお互いの連絡先交換して、まぁとりあえずあとは明日タクシー会社の事故担当の人と話をしてみればいい状態にはなってるんだが……。

警察にいろいろ事情聞かれているときに「あー、これ、前走ってたバスのナンバーってわかりますかね?」って言われた。いやー、わかんないですねー、と俺とタクシードライバー。まぁそりゃ見てるわけないわな。
警察が言うには「そうですか~、これ前のバスも違反してるんでね、事情聞きたいところなんですけどね~」みたいな。ていうことはだね、違反して直接事故にかかわらなくても、それが他の車の交通に何らかの影響を与え、結果として事故につながったとなると(つまりこの場合でのバスは)責任をある程度負うことになるということでしょうか。なんだ、結構「あいつのせいだ!」みたいなのって通じるんだね。ちょっと感心。

というわけで、みなさんも事故には気をつけましょう。カマは掘られないように丁寧な運転を心がけましょう。

2005/11/11

フジファブリックにハマってみる

a9018d1b.jpg
ついおとといの出来事。安物のミニコンポの前に昔使っていたMDがゴチャゴチャと散らかっていた。昔ツタヤで借りてきてダビングしたものとかが散らかっているわけで、無下に捨てるわけにもいかない。というかたまに聴く。
で、そのMDを片付けがてら聴いていたら(聴いてたら片付けられるわけがないが、そこはご愛嬌)、だいぶ前の伊集院光のラジオを録音したものがでてきた。
懐かしいので聴いてみた。話題が懐かしくてなかなか笑える。「まだディレクターが池田の頃かよ」なんて独り言をつぶやいてみたりした。
そこで流れた曲がフジファブリックの「銀河」だった。



これは、確かこのラジオをリアルタイムで聴いていたときにも「なんだこの曲は」と思った記憶がある。なんだか変な感じなのだ。なんか、普通の感覚ではない、というか。それでいて、ドリカムの「SUNSHINE」や井上陽水の曲全般に感じる「薬物臭」があるわけではない(いや、かなり際どいラインではあると思うが…やっていてもおかしくない旋律だと思う)。
というわけで、そんな薬物っぽい旋律が好きな僕としては、フジファブリックの銀河は途端に気に入ってしまった。昨日会社を22時に抜け出して、渋谷のTOWERRECORDSにダッシュ! 1stアルバムと2ndアルバムを同時に買った。
ポスターももらったが、かばんに入りきらないのでアキバ状態でニョッキリとポスターブレイド状態にして持って帰った。恥ずかしい。

部屋に帰ってきたら、まずポスターを広げてみる。2ndアルバムの宣伝用ポスターでガッカリ。次にCDをコンポに入れておもむろに再生ボタンをPUSH! 読み込めずに再生できない。続けてガッカリ。まぁうちの安物コンポはもうピックアップレンズがダメになっているのはわかっていたので、再生できないかもとは思っていた。
仕方が無いのでmp3に変換してGIGABEATで聴くことにした。とりあえず「銀河」を聴いてウットリ。その勢いのまま他の曲も聴いてみる。
まぁ、ボチボチなんじゃないでしょうか。やはり銀河が飛びぬけていい出来栄えで、それ以外はまぁまぁな出来でした。でもすべてに共通して「なんとなく変な旋律」という雰囲気が漂っているので好きではありますが。

というわけで、フジファブリックの「銀河」! お奨めです。銀河だけでいいから買うように!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...