2005/12/27

iPod nanoの電池が

放っておくとすぐなくなるんですが……。なんかの不具合だろうか。
寒いところに置いておくと、電源が付かなくなる。でも充電を開始すると、実は電池ほとんど残ってる。なんだ、なんの嫌がらせだ。
連続再生でも5時間ぐらいしか持たないしな~。iTunesは死ぬほど使いづらいし、よくまぁこんな商品売るわ。そしてよくまぁ買うわ。やはりアップルは腹を切って死ぬべきである。

2005/12/25

ディープインパクト敗れる


今日は有馬記念、テレビで見ていたわけですが、無敗の三冠馬ディープインパクトが差しきれず2着に敗れるという結果に終わったわけです。
レース前から「ルドルフでも古馬初対戦では負けてるんだから、ディープだって万全とは言えない」と言っていたわけだが、まぁその通りの結果になってしまって残念というか、歴史は繰り返すというか……。
しかも勝ったのがハーツクライというのが、なんというか微妙さを醸し出している。JCであれだけ激しい競馬をしておきながら、有馬記念でもしっかり勝敗に顔出してくるのは体質的にもかなり優れている証拠ではあるが、あんな勝ちきれない馬がうっかり勝ってしまうと、どうにも締まりのない一年の終わりという気がしてしまう。タップダンスシチーかコスモバルクあたりに勝ってもらえれば、かなりいいストーリーだったのだが。
まぁでも古馬初対戦で敗れるのは仕方が無いと俺は思う。いつものようなレース運びができないというのもあるし、レース道中にずっと横に牝馬のヘブンリーロマンスがいたというのもデビュー以来初のことだろう。中山もきっと合わないのだろう。
ディープにとっては、あまりプラス材料がないレースだった以上、負けても仕方が無い。もっとも、こういった「なにもプラス材料がない」というレースで勝ってこそのスーパーホース、感動を呼ぶレースとなるわけだが、ディープの強さはそこまでの伝説的なものではなく、きわめて理論的な勝利の結果の積み重ねでしかなかったというわけだ。シックスセンスが香港で2着していることから、世代が弱いというわけではないと思いたいが、かといって強い世代というわけでもないし、運のいい馬という方が適切なのだろう。

ディープの評価は、有馬記念を境に落ちるだろうが、それは「伝説級」という評価から「日本最強級」というところにランクダウンしたに過ぎず、今後も日本競馬はディープインパクトを中心に展開することと思う。
まぁ来年の天皇賞春と宝塚記念、そのへんが正念場でしょう。


2005/12/24

荒井屋という牛鍋屋

クリスマスを含むこの3連休ですが、わたくしには何の予定もなく、このままでは孤独死してしまいそうなので友達と麻雀をすることにしました。というわけで24日の昼頃から徹夜で麻雀。その予定の中に、ちょいと高級な牛鍋を食いにいこうと決めておりました。ちなみにその牛鍋屋は「荒井屋」という、明治時代に最初に牛鍋を商品として客に出した店らしい。創業111年の老舗であります。

老舗だけあって値段は高い。その中でも一番安い食事セットの3700円牛鍋セットを食べました。ちょっと気を抜くと6000円とか7000円とか簡単に取られる店だけに、注意深くメニューを見る必要アリアリです(いや、そんなオドオドしねぇけど)。
実は僕はこの店に来るのは2度目なのですが、前回食べたときよりも空腹だったということもあり、すべてがうまく感じました。
肉はとにかくべらぼうにうまい! 前回来た時は米と野菜は、まぁ普通だなぁ、みたいに感じたのだが、今回は米も野菜もうまかった。ネギとか割下が染みて、すごいうまかった。春菊もしらたきもうめーよ、うめーーーってカンジ。

荒井屋、高いですが年に1度ぐらいは食べに行きたい店です。来年も食いに行くぞっ!

2005/12/19

師走とは言うが

正直いって、12月だからってなぜそんなに忙しいのかと聞きたい。
年を越すとは言え、一般人にとっては年が変わるぐらいで、別にどうということはなかろう。来年が平成何年だったを思い出すのに苦労するのが師走のもっとも困ることであって、師走だから出かけなければいけない、なんていうことはないはずだ。なぜこんなに道路が混むんだろう。

帰省するファミリーで道路が混む、など、そういう理由があるならばいいのだが、12月に入ってからの道路の混み具合は、はっきりいって異常だと思う。朝から車の量は3割~4割増しである。忘年会のシーズンだからタクシーが多いわけではない。年末だからトラックが多いというのは、若干肌で感じるが、なぜ年末だからってトラックが多いわけ? 普通は12月決算なんかにしないでしょ。まぁおそらく普通の月に比べると〆日が数日はやいというのはあるだろう。しかし2月なんて28日しかないわけで、2月の方が車が混むかというとそういうもんでもない。
その複合ワザで道路が混んでいるのだろうか……。な~んだか納得がいかない。12月はなぜ道路が混むのか、理由を知っている人がいたら教えてください。


その話題とは少々ズレるが、思うに、普段車を使っていない人間まで車で出かけているように感じる。寒くなったから車で移動したいという心理なのだろうか? ということはそんなに使わないのに車買ってるってこと? 金と土地がよっぽど余ってるんですね、そういう人は……。
というのも、土曜日の午後10時過ぎに、千葉の実家から横浜に帰っていた途中で3件も事故があったからだ。「目の前でぶつかる寸前!」という事態も2件あった。強引なヤツというよりも、周りが見えてない感じ。
事故は実家のすぐそばの宮野木の交差点、お台場の臨海トンネルの入り口付近、産業道路沿いの首都高(たぶん浅田の下り入り口付近。左から2車線目を漫然と走っていると自動的に首都高に乗せられる怖いところ)の3件の事故が同じ日、しかも土曜日の夜中に起こるというのはやや尋常ならざるものを感じる。
ちなみに車を買って1年経ち、実家と横浜の往復は何回やったかもう覚えてはいないほど往復したが、使っている道で事故が起きているのを見たのは過去に1件しかない。それが先週の土曜のおかげで一気に4件になった。
事故りそうな状況ってのも、次の信号で右に曲がりたいのだろう車がウインカー出しつつ右後ろを走っているタクシーの存在を気にする風もなく、自然に右車線に移ろうとしてタクシーが急ブレーキ&クラクション、そして割り込もうとしていた車も急ブレーキ(つまりクラクションで初めて気付いた)というお粗末な状況だったり、それに似た状況だったり。
いや、いいんだよ、運転が下手とか不慣れってのはどうしても発生する状況だから。でもまぁ事故ってイヤなものだから、注意に気を払った運転をしてもらいたいね。へたくそだからなかなか車線変更できない、というのが正しい姿だと思うわけで、へたくそだから横走ってる車にぶつけそうになっちゃう、というのは、それは下手なのではなくて心意気が捻じ曲がってるだけなのだと思う。

ま、とにかく、12月は車が多すぎるので、みなさん運転は控えましょう。俺はするけど。

2005/12/18

車が帰ってくると

車が帰ってくると、なんか適当に空いた時間をドライブに費やす(というか実家に帰る)わけで、すごく更新しなくなることが分かりました。
というわけで、久々の更新。土曜日に実家に帰って、半年ぐらい前からず―――っと変えたかったワイパーを変えた。
ゴムを変えようと思ってもアクセラは純正でボッシュのワイパーブレードを使っていて、しかも換える製品はボッシュでも取り扱っていないという、なんというか「え、これ換える人のこと考えてないよね?」っていう商品である。しかももうゴムが硬くなってしまってたのか、雨を拭いた後に筋がめちゃめちゃ残って、まともに拭き取れない状態。すっごい我慢して使っていたけど、どうにももう精神的にも限界が近づいてきた。
でもブレードごと換える手順が良く分からないせいで、まぁまごまごしていたわけだが、長沼のSuperオートバックスの店員に調べてもらった。
結局同じ長さのものを付ければいいだけみたい。店員に商品を選んでもらった。試運転までさせてくれて、やってみたら、まぁ見事に動く。なんだ、こんなに簡単なのならさっさと換えればよかった。

というわけで、早く雨が降らないかなーと今はニヤニヤしております。スタッドレスも欲しいなぁ。


2005/12/01

帰って来た!

タクシーによって晴れて事故車になってしまったわたくしのアクセラ15Fですが、昨日修理から帰ってきて、今ディーラーにあるそうです。よかったよかった。というか、車が無いとすごい精神的に抑圧されるね。もう車の無い生活なんて考えられねぇっす。
車があると、フラっとどこかに行くってことがしやすいよね。というか俺がドライブしすぎなだけかもしれないけど。これでもかなり自制しているつもりなのだが……。
まぁ横浜から千葉の実家に帰るっていうのが劇的に楽なのがいいよ、やっぱり。電車だとさ~、乗車1時間半、駅から家まで迎えに来てもらって車で15分ぐらいだからさ~。なんていうか、自由さが無いよね。行くほうも、迎えに呼ばれる方も。


あまりに俺がちょくちょく千葉に帰るもんだから、親父が庭のスペースをつぶして俺の車停めるスペース作ったときにはちょっとビビったよ。まぁ車庫を奥にビート一台分広げただけなのだけど、それでも一人でやるのは大仕事だっただろう、ありがとう父。そして手伝うつもりだったのにすまん。
でも一度うちに帰ったら、うちの対面のDQN家族の家の前に思いっきりクソbBが停まってて、車庫に入れることすらできなかった。道路の幅から考えて、どう考えたって車庫に車を出入りさせることができない位置にとめている。わざとか。わざとなのか。あの時はさすがに怒りが沸いたね。低脳は腹を切って死ぬべきである

2005/11/28

思うのだが

目の前に62億が転がってたら、そりゃ結婚しない女はいないと思う。
さすが松井、というか、さすが女優。お金に素直。

にしこり ←松井の顔

2005/11/22

代わりの車、すなわち代車

あたくしの車はマツダのアクセラという車なわけですが、1.5リッターのマニュアル車に乗っているんです。まぁその車がタクシーに後ろからぶつけられて、今修理しておる最中なわけでございます。
まぁぶつけた影響がどこまで行ってるかわからないので細かいところまで確認してくださいとディーラーにお願いしたのと、ちょっとだけボディーにダメージ(ダメージのほとんどはバンパー)があったので、修理工場にしばらく預けることになりましたとさ。
しかし23日には車を使う予定があるので代車を要求してみたら、結局レンタカーを手配してもらいました。今日はその顛末。


タクシー会社の事故担当が、なんだか知らないけど突然保険会社に投げて、保険会社が代車としてレンタカーを手配することになった。東京海上の担当者が俺に電話をかけてきてどういうレンタカーならいいの、みたいなことを確認してきた。
4人で移動するつもりだったので、ちょっとでかい車だといいなーみたいな気でいたのだがその願いはかなわずあっさりとマツダレンタカーでアクセラを手配された。見事に同じ車。なーんだよせめてプレマシーぐらい貸してくれよ、と思ったがまぁいいや。

で、そのレンタカー会社からまた俺に連絡。タクシー会社、ディーラー、東京海上に続いて今度はレンタカー会社と連絡を取らないといけない。非常に面倒くさい。やっぱり事故は損だ。首が痛いとか休業補償しろとか言えばよかった。
しかし東京海上の圧力なのか何なのか知らんが、なんだかすげーレンタカー会社の対応が丁寧だった。そしてサービスもすごい。
「お車をお客様の駐車場において、鍵をポストに入れておきますので」
という配車方法もすごいし、返すときは
「営業所の駐車場に入れていただいて、鍵を助手席のマットの下に入れて運転席側には鍵を掛けて出ていただければ結構ですので」
という、なんというかすごいVIP待遇。レンタカー会社の人と一度も顔を合わせないで車を貸し借りできちゃう。
損保ってそんなに力あるの? っていうかやっぱりレンタカー会社にとって大口顧客なんだろうな、すごいパワーだよ。

それはそれとして、アクセラの1.5リッターのAT車に初めて乗った感想もいっときます。なんていうか、1.5リッターって出力よわーい。高速だとすげぇキックダウンしたくなる。なんていうか、ATの大事なところでの非力さを感じた。やっぱりATっていうだけで出力は10%以上少ないわけだし、シフトダウンするにもダイレクト感が弱いから難しい(というか4速ATなのが問題なだけかもしれないが、3速と4速の間がかなり飛んでいて100km/hで3速だとすっげー回すことになる)。アクティブマチックなんだけど、とてもじゃないがMTとアクティブマチックの操作のしやすさは違う。MTの方が断然運転しやすい(燃費を考えずにじゃんじゃんエンジン回していいならアクティブマチックで3速にしておけばいいのだが……それじゃエンジンもうるさくなるしなぁ)。
MTだと150ぐらい簡単に出せちゃうアクセラ1.5も、ATでは140ぐらいがちょうどいい速度に感じた。それ以上はエンジン回しすぎって感じ。
いやー、こんだけ顕著に差が現れるとさー、もうAT車かおうと思えないね。MTの方が運転しやすい、っていう表現には難しいニュアンスが含まれているのだけど、高速で緩やかな上り坂になったときにも気にせず登ることができるとか、パワーがたりない場合はATよりも早く感じ取ることができるとか(ATはアクセル踏んでみないとスッと登れるか分からない)、まぁMTの方が何かと気持ちよく走れるもんだね。
ていうかCVTなら坂道なんて気にする必要ないよ、って言われそうだけど。俺的にはCVTは回転数と速度の対応が取りにくい時点でかなり乗りにくい。100km/hぐらいだと思ってたら80km/hだったとか平気であったからね~。
しばらくはMT車マンセーで生きていこうと思います。

2005/11/20

iPod (゚∀゚) nano!

nano01

前から欲しいなー、けど金ないからやめとこーと思って買わなかったiPod nanoですが、ゲットしてしまいました。
世間では傷が付きやすいだの何だのと何かと話題のnanoですが、こんなに小さくて4Gっていうところにすごく惹かれています。
そもそも僕は小さい電子機器にすこぶる興味があるわけです。というか、小さいことよりも「薄いこと」が重要なんですけどね。ノートPCも東芝のDynabookがすっげーーー薄くって感動して買ってしまったし、デジカメのDimageXもあの薄さで光学3倍ズームというのに感動して買った。で、このiPod nanoはこの薄さで4Gという容量を実現しているわけで、なんかすげーーーって思っていたわけです。そういう意味では、俺の趣向にバチコーンとヒットした商品です、iPod nano。


また、アップルの資本の力で、音楽の流通系の変革の速度を上げてくれたのはいいことだと思いますよ。旧流通系にまた握られる前に新しい企業が流れを掴むことでコストダウンにつながると思うわけです。ていうかnanoがなければ俺はいまだに「podcastってなに?」って言ってたわけです。

まぁiPod nano自体には、使い勝手の悪い部分もあるにはあります。主にソフトウェアへの不満ばかりだけど……。まぁデザイン先行の商品だからある程度目をつぶれる(自分に言い訳できる)からいいですわ。デザイン悪くて使い勝手も悪いものに比べたら100倍マシ。
でも、やっぱこれ使い続けると傷つきまくるのかな……尻ポケに入れてると、バキっといきそうで怖い。結局小さいのにジャケットのポケットに入れて聞いてる。これじゃ今まで使ってたGIGABEATと変わらないじゃ~ん……。
nano02
まぁ今までの初代GIGABEATに比べたら大きさが1/10ぐらいで容量は5G→4Gだし、変な独自フォーマットへの変換いらないし、液晶はカラーだしきれいだしバックライトついてるしゲームとかメモとかオマケ要素もいっぱいあるしHOLDの位置が使いやすいし、なによりピカピカのテカテカですごいワクワクするからとてもnanoには満足しています。


それにしてもね、なんというかもうちょっと使いやすいソフトを作ればいいのに、と思うね。こんなんだからMac売れないんだよとしみじみ思う。世間に少しは迎合してもらいたいもんだわ。まぁ慣れたからいいけど。あとMacOS9向けのiTunes作れよ。podcastとか様々な機能があるけど、あんなソフトどう考えてもOS9で作れるだろ。もっというとiTunesの仕様がかなり質が低いと思う。これ設計したやつの顔が見てみたい。
あと充電するのに、標準ではUSBケーブルしかないってのも何とかして欲しい。このエグさが嫌い。ソニー的で。

まぁ結局アップルの仕事ですからムカつくことも多いけど、別にnanoに罪はないからね。電池の持ち以外はだいぶ満足。電池は、片道1時間ちょいの通勤で使うと半分減る。でも薄いから許すけど。

2005/11/15

町田女子高生殺害事件

7c0d108c.jpg
いまやワイドショーのネタはこれで決まりである。ワイドショーだけでなく、夜中のニュースもこれで決まりである。しかしこのニュースを見るたびに、どうしても違和感を感じる部分がある。それは「30分も助けてという絶叫を聞きながら、なにもしなかった近隣住民」に対する憤りである。



少年は気がふれていて、幼馴染の女の子に対する勝手な思い込みから殺害までいたる、という具にも付かないストーカー殺人(状況的にはキチガイの事件だからストーカーですらないが)だ。
どの記事やインタビューを見ても「当日はすごい音がしていた、悲鳴も聞こえた。30分ぐらい続いていた」と、そのほかの住民が平然と答えている。mainichi-MSNには
-----
調べでは、少年が優亜さんを襲ったのは10日午後5時半過ぎから約30分間とみられている。近くの住民が「ドスン、ドスン」という物音や悲鳴などを聞いていた。
-----
とある。
助けに行ってやれよ。なぜ助けに行かない? せめて警察に通報しろ。泥棒がいるかもしれないけど、怖くて踏み込めないなら警察を呼べ。それすらせずに結局母親が娘の死体を発見するまでの数時間近隣住民は「ふー、やっと静かになったね」ってなもんで知らぬ存ぜぬを決め込んでいたわけだ。

この点に違和感を覚える人も多いと俺は信じたいのだが、なぜその点をどのリポーターも聞かないのだろうか?
「すごい物音がしていました」「なるほど。それであなたは助けに行ったり警察に通報したりはしなかったんですか? なぜしなかったんですか?」と。どう考えてもそっちの方が事件の核心だろ。キチガイが人を刺した時の心境の変化なんてのは、実際はどうでもいいキチガイにしかわからない問題だ。
しかし簡単にBlogを検索してみたが、町田女子高生殺害事件について、近隣住民を非難するような内容は見受けられない。なぜだろう、俺だけなのだろうか、憤っているのは……。
だって、警察に通報すらしないヤツラだぜ? 非難されて当然だろ。それが社会ってもんだろ。むしろ通報しないで我関せずが普通なのだとしたら、この国の社会ってものはまったくもってぶっ壊れている。狂っている。異常である。

近隣住民が即踏み込んでいれば殺されずに済んだと思う。昔から気がふれちゃったヤツってのはいたが、それが人を殺す前には周辺住民の間でアイツはおかしい、っていう噂が流れ、暴れたら即とっちめる、という流れがあったはずなのだ。だから今回の事件も、暴れたときに踏み込んでとっちめてやれば大問題にはならなかった。

俺が殺された娘の母親だったら、近隣住民への怒りではらわたが煮えくり返ると思う。そして即引っ越す、そんな住んでても意味ないところ。
まぁ俺が住んでいるところでそんな騒ぎがあったとして、踏み込む勇気があるかどうかは微妙なところだが、少なくとも警察に通報はしているはずだ。ていうかやっぱり踏み込むな。だって異常だもん。呼び鈴ぐらい鳴らすだろう。

なんというか、サブい事件とサブい世の中だこと。

ていうかさ、そこまで何度も報道するような事件? コレ。被害者の小学校時代のビデオ流して楽しいか? そのうち被害者女子高生の流出物裏ビデオが発見されてそれを大々的に販売するための伏線なんだったら納得もするが、すでに死んだ人の生きていた頃の映像を大々的に全国放送することもあるまい。っていうか迷惑だろ。マスコミ死ね。ゴミ虫どもが。お前らはゴミ屋敷を4軒持っているオッサンを取材する前に自分達のゴミっぷりを取材しろ、カス。

2005/11/13

我がアクセラ(と俺)に降りかかった不幸


バッドである。超バッドである。Who's Bad! である。どこ、どこから来るのか、である。
とにかくたった今が絶頂ブルー将軍なのである。

何って、事故ったんです。



事故った場所はここである(というか、こんな航空写真データ持ってるlivedoorすげぇ)。
わかりにくいとは思うが、スクロール地図などとあわせて理解してほしい。
この航空写真でいうと、左下から右上方向に向かって伸びている5車線道路を直進しようとしていた。午後16時のことである。
首都高から霞ヶ関ICで降りた。霞ヶ関ICは形が特殊で、出口はそのまま5車線道路の右側2車線に変わる(つまり、もともと3車線の道路+霞ヶ関IC出口の2車線で、合計5車線の道路となる)。
この道路を直進するためには、左3車線に移る必要がある。で、まぁ信号もあるのでなんの問題もなく移った。左から2車線目を走行。前に大型観光バス、後ろにタクシーという列で30mほど進んだ。
|.  .|.  .|  .|
|←↑| ↑ | ↑ |
|.  .|.  .|  .|
という3車線だったのだが、僕の前のバスが2車線目から大回りで左折しようとしていた。別に珍しいことでもないので減速して曲がるのを待つ。僕はこの次の交差点で左に曲がりたいので、右から追い越すと元の車線に戻るときに面倒だ。このままバスが曲がるのを待った方がよい。

で、バスが曲がったので直進することにした……ら、なんと大型バスに隠れて見えなかったが、信号が赤ではないか!
慌てて急ブレーキ、横断歩道を完全にまたいでしまったが、交差する車線にはみ出すことなく止まれた。あぶねぇ、あぶ……ガシャン

ぇ―――
赤信号で止まった俺に、ブレーキの間に合わなかった後ろのタクシーが追突した。タクシーはなんとか避けようと右に急ハンドルを切ったようだが間に合わずタクシーの左前部分と僕のアクセラの右後ろバンパーがガッスリぶつかった。

うぇーんうぇーん なんで俺が事故るんだよーショックー……「まさか自分には起こらないだろう」ということが、実際に起こってかなりヘコんだ。というか、まさか俺が事故るとは思わなかった。後で保険屋とかに電話してみて10:0の事故だと言われたが、こちらの過失が0だとは言われても、ちょっとショックだ。急ブレーキがなければ起こらなかった事故である、というのが俺の心のどこかにあるのだろうが……。んー、カマ掘られるような運転しちゃいけません(いや、でもどうしようも無かったと思うんだが……その葛藤がいつまでも続いている)。

まぁ幸い怪我人もなく、こちらはバンパーだけでライト類も壊れていないし自走もできる。一番迷惑だったのは、タクシーに乗ってた客かもしれない。苦笑いして降りてった(料金は結構です、みたいなことになって笑ってたのかも?)。
警察呼んでお互いの連絡先交換して、まぁとりあえずあとは明日タクシー会社の事故担当の人と話をしてみればいい状態にはなってるんだが……。

警察にいろいろ事情聞かれているときに「あー、これ、前走ってたバスのナンバーってわかりますかね?」って言われた。いやー、わかんないですねー、と俺とタクシードライバー。まぁそりゃ見てるわけないわな。
警察が言うには「そうですか~、これ前のバスも違反してるんでね、事情聞きたいところなんですけどね~」みたいな。ていうことはだね、違反して直接事故にかかわらなくても、それが他の車の交通に何らかの影響を与え、結果として事故につながったとなると(つまりこの場合でのバスは)責任をある程度負うことになるということでしょうか。なんだ、結構「あいつのせいだ!」みたいなのって通じるんだね。ちょっと感心。

というわけで、みなさんも事故には気をつけましょう。カマは掘られないように丁寧な運転を心がけましょう。

2005/11/11

フジファブリックにハマってみる

a9018d1b.jpg
ついおとといの出来事。安物のミニコンポの前に昔使っていたMDがゴチャゴチャと散らかっていた。昔ツタヤで借りてきてダビングしたものとかが散らかっているわけで、無下に捨てるわけにもいかない。というかたまに聴く。
で、そのMDを片付けがてら聴いていたら(聴いてたら片付けられるわけがないが、そこはご愛嬌)、だいぶ前の伊集院光のラジオを録音したものがでてきた。
懐かしいので聴いてみた。話題が懐かしくてなかなか笑える。「まだディレクターが池田の頃かよ」なんて独り言をつぶやいてみたりした。
そこで流れた曲がフジファブリックの「銀河」だった。



これは、確かこのラジオをリアルタイムで聴いていたときにも「なんだこの曲は」と思った記憶がある。なんだか変な感じなのだ。なんか、普通の感覚ではない、というか。それでいて、ドリカムの「SUNSHINE」や井上陽水の曲全般に感じる「薬物臭」があるわけではない(いや、かなり際どいラインではあると思うが…やっていてもおかしくない旋律だと思う)。
というわけで、そんな薬物っぽい旋律が好きな僕としては、フジファブリックの銀河は途端に気に入ってしまった。昨日会社を22時に抜け出して、渋谷のTOWERRECORDSにダッシュ! 1stアルバムと2ndアルバムを同時に買った。
ポスターももらったが、かばんに入りきらないのでアキバ状態でニョッキリとポスターブレイド状態にして持って帰った。恥ずかしい。

部屋に帰ってきたら、まずポスターを広げてみる。2ndアルバムの宣伝用ポスターでガッカリ。次にCDをコンポに入れておもむろに再生ボタンをPUSH! 読み込めずに再生できない。続けてガッカリ。まぁうちの安物コンポはもうピックアップレンズがダメになっているのはわかっていたので、再生できないかもとは思っていた。
仕方が無いのでmp3に変換してGIGABEATで聴くことにした。とりあえず「銀河」を聴いてウットリ。その勢いのまま他の曲も聴いてみる。
まぁ、ボチボチなんじゃないでしょうか。やはり銀河が飛びぬけていい出来栄えで、それ以外はまぁまぁな出来でした。でもすべてに共通して「なんとなく変な旋律」という雰囲気が漂っているので好きではありますが。

というわけで、フジファブリックの「銀河」! お奨めです。銀河だけでいいから買うように!

2005/10/31

東京モーターショウ

1e8f1d33.JPG
10/31に東京モーターショウに行ってまいりました。
そもそも僕は去年初めてモーターショウというものに行ったのだけども、去年は「はたらく車系」の展示だったので、すごく地味だった。それでも特殊な用途の車がいっぱいあったのでかなり楽しめたので、今年も行ってみることにした。
今年は、去年と違って「乗用車系」の展示。まぁいろいろ楽しめそうではある。というわけで、意気揚揚と計画を建てて出発した。



事前にいろいろ調べてみたら、これがまたすっごく渋滞するらしい。横浜→中野→千葉の順に移動するつもりだったのだが、会場のメッセに車で行くのは止めた方がよいようだ。会場がすごく広いとのことなので、12時に到着しようという計画だったので、どうせ駐車場も無いだろうと思っていたから。

で、まぁ思いっきり起きれませんでした。
とりあえず11時に起きたということで、12時に中野に到着、13時に千葉に到着。会場について飯を食ったら14時でした。まぁこれぐらいいいだろう、ね。
まぁ14時だから大丈夫だろうっていうことで車で行ってみた。大丈夫だった、全然。遅れてよかったじゃん! いや、ほんとすいません。

会場は、それはそれは人が多かった。が、東京ゲームショウと比べても人数は多いのに、モーターショウの方が歩きやすかった。やっぱ目線がアッチの世界に行っちゃってる人が少ないからだろうね。

とりあえずマツダに魂を売った俺としては、一番の注目ブースはマツダである。新MPVにちょっと興味が湧いてしまいました。いいね、あれ。でかいし。いや、でもミニバンって今までアホな乗り物だと思ってたんだがなぁ~。貨物でしょ、貨物。

二輪のコーナーにいくと二輪の免許が欲しくなった。でもお金ないけど。

2005/10/25

堀江、広島カープ買収?

c995a3b6.jpghttp://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-051015-0002.html

↑の記事よりコピペ。
-----------------
堀江ライブドア、広島買収調査に動く

 ライブドアが、広島球団の買収に向けて調査に乗り出していることが14日、明らかになった。同社は昨年、オリックスとの合併話が持ち上がった際に近鉄の買収に乗りだし、その後、楽天との新規参入を争って敗れた経緯がある。

 また同社の堀江貴文社長(32)は9月の総選挙で広島の選挙区から立候補した縁がある。前日には巨人渡辺球団会長が、財界の大物や政治家が堀江社長に広島球団を買収させようとしている動きがあることを示していた。

 広島球団の経営は他球団と違い、親会社をもたない独立採算制の市民球団の形をとっている。オーナーの松田一族が約6割を保有。残り4割はマスコミを含む地元の有力企業が所有している。75年の初優勝以降、毎年黒字を計上。昨年は約8000万円の黒字だったが、今年は巨人戦が減り赤字転落が濃厚となっている。09年には新球場の建設を広島市が検討しているが資金面が懸案になっている。
-----------------
堀江ってまだ32だったのか。とてもそうは見えないがなぁ~。
ってういかナベツネ、またなんか吠えてました。今回のはいつものと違って興味深い。武部幹事長が堀江の球団買収のためにフォローの財界に吹かせているという内容だった。これは少々笑えたので、ナベツネもたまには気の利いたこと言えるじゃないかと思えた。
その記事はこっち↓で。

http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/pro/news/m20051025spn00m050011000c.html

-----------------
巨人の渡辺恒雄球団会長(79)が24日、ライブドアの堀江貴文社長(32)が広島の買収へ積極的に動いていることをあらためて明らかにした。堀江氏が9月の衆院選で落選した“見返り”として政財界がバックアップしているという。さらに親会社の球団株二重保有を禁じる野球協約を盾に、オリックスと楽天もあらためて批判した。

 渡辺会長は都内での会食後、報道陣の前で足を止めると10分以上もまくしたてた。その中でライブドアの堀江社長が広島の買収に積極的に動いていることを明かした。

 「いまホリエモン(堀江社長)が広島の乗っ取りに必死だよ。政財界の大物が動いている」

 堀江社長は9月の衆院選で広島6区から出馬したが落選。これに渡辺会長は「選挙との絡み。ホリエモンを公認じゃなく出して負けた。自民党の某実力者にはその借りがある。某実力者が某財界の大物に(球団買収の協力を)頼んだ」と爆弾発言。「背後にいるのは幹事長の武部。公党の幹事長がプロ野球界に手を突っ込んでくるなんてことが許せるか。これは応仁の乱みたいなこった。戦国時代だよ、プロ野球の」と不快感を示した。その上で「ホリエモンは毎年(地元に)5億円出すという条件を出している。本当に危ないんだよ」と話した。
-----------------

なにが本当に危ないのかよくわからないが、球団の売買しちゃいけないのか? いいじゃねぇかよ、別にIT系のあぶく銭でショウビジネスの野球球団買ったってよ。買った値段より価値を高めて転売する目的かもしれないじゃん。球団合併でつぶそうとしたやつが、なんで球団買収に目くじら立ててんだと。

長年広島ファンをやってきたが、近年の広島は極端につまらん。横浜が大ちゃんす打線で爆裂してる様を外から眺める分にはせせら笑ってりゃよかったので楽しかったが、なんか自分の好きな球団がずっと笑われ続けているというのは、なんとも堪忍しがたい。ここんところずっと広島ファンは自嘲する方法を競ってきた。いかに広島をおもしろおかしく叩くかという点でしか野球を楽しめなくなっている。
すべては球団経営者、球団の監督コーチなどの指導者がことごとくマヌケだからだとわかりきっているだけに、なんとも怒りのもって行き場を失って悶々とする。

やっとピーコこと山本浩二が辞めてくれたのに、次の監督がブラウンですよ。あぁ、外国の監督つれてくるのか、よかったーと思ったら、かつて広島でプレーしてた、あのブラウンですよ。なにもそこまで球団出身者にこだわらなくてもいいじゃないかと本当に頭を抱えてしまった。フロントは死んでも治らないバカだ。

赤字転落したのを機にマツダの一族とか地元マスコミとかがもっと球団改革を突き上げてくれればいいが、なんかそういうムードがまったく伝わってこない。新井が3割40本打つなんて今でも信じられないが、さらに信じられないのは、そんなに安定した4番打者がいてなぜ最下位なのかということだ。
投手の使い方が下手すぎる。というか、練習設備などにもっと金をかけるべきだ。すること無いなら投げ込みしとけ、みたいなテンションでいつまでも野球ができると思ったら大間違いだ。
澤崎と小林幹英が今年で引退してしまった。澤崎は黒田と同期のドラ1だし、小林は1年目に140km/hの直球とフォークだけで三振の山を築き上げたピッチャーだ。どちらも素質的にはすばらしい。
が、結局使い方を誤って壊してしまった。酷使も原因のひとつであるが、素材を生かしきれなかった。
なんで黒田なんかがエースと呼ばれているのかも俺には理解できない。ああいうムラのある投手はエースなんかじゃねぇよ。エースは出来が悪くてもそれなりに抑えられるからエースなんだって。3回表で試合ぶっ壊すようなやつはエースじゃねぇ。
んじゃなぜ黒田がエースか? それは黒田以外にまともな投手がいないから。消去法で行くと、黒田しかいないからだ。なんと悲しい現実。それもこれも投手を育てる人材も設備も環境も整っていない。

そりゃまぁ打っても打っても勝てないんだから、江藤も金本も抜けたくなるわな。

そういう意味でも、堀江に買ってもらって球団改革をしてもらった方が、俺としては現状でウジウジしてるよりも100倍はうれしい。ぜひ堀江、広島を強くしてくれ! FA選手で投手を補強してくれ!

2005/10/12

A7、A7、A7 !!


昨日は会社からさっさと逃げ出して、ヨドバシでA7を買った(ついでにシムシティ4DXも買ったのだが)。
なぜシムシティ4DXも一緒に買ったか? それは、2chでA7の評判がすこぶる悪かったからである。



会社にいる間に我慢しきれずに2chのスレを探して覗いていたのだが、これがまぁ18スレまで行っているのにまだ罵倒と自虐、愚痴オンリースレになっとる。さすがにくじけそうになった。スレいわく……
・バグが多すぎる。
・処理が重過ぎる。
・そもそもゲーム性がない。
・建物の種類が少ない。
など。「バグが多すぎる」というのは、本当に深刻なバグが山のように盛り込まれており、スレの中でも「ようやくバグ曲線が立ち上がってきた中盤」と言われていた。実際、この2005年8月末からパッチが出ていないところを見ると、ようやく収束してきたのだろう。だが、それにしたってパッチの数も尋常じゃないし、報告されてるバグの内容も我が目を疑うような内容ばかりだ(詳しくはARTDINKのサポートページ参照)。
代表的なバグをちょっと抜き出してみると……(以下◇及び◆はARTDINK HPよりコピペ。※以下は俺のツッコミ)
◇列車走行系◇
◆発車時刻が休日運行の場合に反映されないことがあったのを修正しました。
 ※ぇー…。
◆勾配レールの上下に位置する線路を走る列車に、一部条件で緊急停止がかかってしまう現象を修正しました。
◆電車が走行するコースのシステムを変更しました。
 これに伴い、列車が走行不能状態になる現象がなくなりました。
 カーブ通過によるダイヤのズレがなくなりました。
 ※いやいや…走行不能になったり、カーブ通過したらダイヤずれたりしたらA列車の楽しさ無くなるじゃん。
◆駅設定にて「対向通過待ち」「追越待ち」設定時、列車が発車しない条件があったので改良しました。
 ※「改良」…って……。
◆一部の線路敷設、駅設置条件で列車が停止してしまう現象を修正しました。
◆貨物列車が最大積載量以上の資材を積んでしまう現象を修正しました。
 ※テストしろ。
◆列車同士がすれ違うタイミングによって、片方の列車が停止したまま動かなくなってしまう現象を修正しました。
 ※っていうかさ……時間軸いじれるゲームシステムの基本じゃない? 一番ヤバそうなところすらテストしてないって……。
◆駅に長期間停車中の列車が動き始める際、列車が超高速運転する現象を修正しました。
 ※なんか論外。

◇操作系◇
◆一部条件で、港とマリーナが山の上にも建てられたのを修正しました。
 ※ぇーー……。
◆スキー場が重ねて建設できてしまう現象を修正しました。
 ※はいはい……。

◇バランス系◇
◆セーブ、ロードすると自社の港とマリーナ他社物件になる現象を修正しました。
 ※どう考えてもバランスではないと思うがどうか。
◆駅の運営費を、列車利益とのバランス上、1/10程度に変更しました。
 ※ふーん、大して考えずに値段設定してたんだね。ふーん。
◆株価の変動をよりリアルに改良しました。
 ※いや、ぜんっぜんリアルじゃないよ。A4からずっとリアルじゃない。
◆建物が建つことで影響する地価の計算を、より綿密に行うようになりました。
 ※「より綿密」って……作りこんでなかっただけでしょ。
◆日の入りの時刻を18:00から17:00に変更しました。
◆空港の利益を見直し、調整しました。
◆所得税4月10%、資産税5月5%、消費税毎月5%に支払税率を減税しました。
 ※最初からバランス考えろ。
◆12月になると乗客数が減る現象を修正しました。
 ※まぁ寒いからね。コラっ!

……というわけで、非常にお寒い内容のバグばかりではある。

さらに「ゲーム性が無い」というのが気になった。資金がマイナスになっても倒産しない、つまりゲームオーバーが無いらしい。確かにそれはどうなんだろう、と思った。

そんなわけで、スレでは「買うな」というムードを満喫できたわけだ。保険でシムシティを買ってしまう心情も理解してもらえると思う。
A7とシム4同時に購入し、家に帰った。さて、どちらからやろう……と悩む間もなくA7のパッケージを破く。どきどき。
インストール。はぁはぁ。
一番気にしているのは、当然スレの中に埋もれていた「処理がクソ重い」「A7はゲームじゃなくて有料ベンチマークソフト」といった書き込みだ。Pen4の2.4GHzで重かった、みたいな記述がそこかしこにあり、AthlonXP 1800+の俺はどう考えたって重いんだろうなぁと覚悟していた。しかしA列車は重くたってできる。A4をPC-9801DXの80286でプレイしたときは、時間を進めたいときは海に視点を移動して高速モードにしていたものだ。それに比べたら3D表示がちょっと重たいぐらいが何だ!
そして期待と不安が入り混じった心境で、ゲームを開始する。

ていうか軽いんですけど。時間最高速にすると速すぎて乗客数とか目で確認できないんスけど。あんまり速過ぎると困るので、最高速に設定してないっすよ。
なんだ、スレの内容はガセか? それとも俺のCPUがAthlonXPのデュアルだからか? っちゅーかゲームがデュアルCPUでの高速化をサポートしているとは思えないんだが……。まぁいいや、俺は快適にできるということがわかっただけで幸せだ。ふはははは、せいぜい処理落ちに苦しむがいい愚民ども!

で、ゲームオーバーが無いからゲーム性が無い、っていう話だったんだが、よく考えると実際A4をやってるときって株がバカみたいに儲かるから倒産のピンチなんて感じたことなかったな。というわけで、倒産が無いからといって必ずしもゲーム性が無いということは無いとわかった。というか、俺がA列車に求めている要素は「列車」「ダイヤグラム」「発展」「子会社の売上」そして「自分好みの町並み」というこの5点だということに今更気がついた。A7スレでぐだぐだ言っている連中と俺とは、そもそも楽しみ方が根本的に異なるのだなと思って、ホッと胸をなでおろした。

まぁでも田舎駅と高架駅の発展速度が違いすぎることはちょっと気になったが。しかし発展が早い分には手っ取り早くていい。むしろ街が数段階に分かれて発展していく姿が体感できて心地よい(最初は民家、住宅が増え、次に商業施設が増え、最後にビルが建ち始める。道路が駅周辺8マスぐらいで落ち着いていたのが、ビルが建つ頃から倍以上に伸び始める、など)。

というわけで、今のところ保険のシム4は封も開けていないで済んでいる。A7で今は駅4つほどを発展させたところなので、そこにどうやって快速を通そうか、ダイヤグラムで悩むことを楽しもうと思う。ニヤニヤ。

2005/10/11

A列車で行こう7 !?

62b07f6c.gif
トキオをやってみたら、やっぱりA列車がやりたくなった。A4のWindows版は人からもらったので持っているが、せっかくだからA5とかA6をやってみようかなと思い立つ(A5は完全版を買ったが、マシンスペックと、あまりに機械的な路線図に負けてほとんどやってない)。

グーグルでおもむろに「A列車で行こう」を検索。
一番上に出てくるのは、当然ARTDINKのサイト。
だがその下に「A列車で行こう7」とかかれたサイトがあるではないか。なんだなんだ、ジョークサイトかと思って思わずクリックする。
そこに表示されたのは、A4の3Dパースペクティブを彷彿とさせる「街」の景色。高架の電車がビルの合間を走りぬけ、コンビナートには大貨物駅がある。しかしそれを見たときの私の感想は「A列車ファンによる、A7の妄想サイト」だと思ったのだ。確かにこんなに綺麗な街を見ながらプレイできたらいいな……と思った。



でもこれは妄想じゃなかった。すでにA7は2005年2月に発売されている。実際にこの画面の中でプレイができると思っただけでワクワクする。とてもじゃないが仕事なんて手に付かない。早く帰って早くプレイしたい! 帰りに渋谷でビックに寄って即購入しよう。あー早く仕事終わらないかな。
A7には続々とエクスパンションが発売されている。ARTDINKのサイトからは、追加のマップがDLできたりもする。もちろん修正パッチもあたっている。

いいじゃんいいじゃん、常に新しい要素が追加されていくA列車、最高じゃん! 俺の町では女性専用車両なんてゆるさねぇよ! というわけで、公式サイトで拾ってきたスクリーンショット数点↓
a7_01a7_02a7_03






a7_04a7_05

2005/10/10

トキオ~東京24区

tokio02
3連休である。しかし遊びに行く金がないので部屋でぼやぼやっとしている日常である。
攻殻機動隊のゲームも全ステージ、ノーコンティニュークリアを達成したのでもうやるゲームがない。先週半ば頃から突然と「The TowerII」がやりたくなったが、会社の合併などのゴタゴタで著作権がらみから今はもう販売していないことを知り愕然とする。ゲームボーイアドバンス用のヤツを会社の人から借りることにして心を落ち着かせた。

でも箱庭ゲームがどうしてもやりたくなって、昔買ったWindows用の「トキオ(ARTDINK)」を突然やり始めた。



しかしまぁこんなバカなゲームよく作ったよなぁと感心する。とりあえず「食べ物は残さない」という条例を制定したりして楽しむ。いつも思うのだが、農業を援助するタイミングが非常に難しい。町を開発中に農業に投資すると、街中に畑ができてムカつく。しかし「暇つぶしから」と適当にやっていると、なんか適当に町が発展していく。箱庭ゲームって、こだわらないとすげーダラけたプレイが可能だということに、今になってようやく気づいた。今まで、見た目にばかりこだわって「少々の損は構わないから見た目かっこよく!」みたいなプレイしかしてなかったということだな。
tokio01

今順調にトキオ区は発展している。とりあえず独立するところまでやってみようかな。

2005/10/08

S2000メモ

6c9caf94.jpg
金曜の夜中に、友達が買った車に乗せてもらった。
その車とはHonda S2000 である。Hondaのやってみたいことをやってみた、生粋のスポーツカーと言ってよいだろう。
今回は、そのS2000に乗ったインプレッションである。



そもそも友達が買ったのはS2000初期型の中古である。なので最新型の話ではないことを念頭においてもらいたい。
まずは外観。小さい。でも3ナンバー。横幅が1700mmをちょっとだけオーバーしているらしい。縦幅は非常にコンパクトで、Hondaらしく、できるだけホイールベースを確保しようとタイヤが前ギリギリと後ろギリギリに配置されている。
助手席に座ってみる。扉が安っぽい。That's Honda、というぐらいに安い。閉める音も安い。マツダの安車に乗っている俺が言うんだから、そりゃそうとうなもんだと思ってもらってよい。
そして席が低い。というか車高が低い。俺の親父が買ったHondaのbeatといい勝負である。
友達がエンジンをかける。エンジンがすごくうるさい。というか遮音性とか考えてないべ、絶対コレ。普通にBGMが聴き取れない。

まぁ、そんなネガティブなイメージしかない出発前だが、いざ出発してみると、驚くほどの楽しさに包まれる。
なにしろエンジンが250ps/8400rpmとかいうバカなエンジンだけあって、とにかくよく回る。ギア比が極端と思えるほどクロスになっているのだが、まぁこれは高回転域を使って走った方が気持ちいいからこういう設定になっているのだろう。6速MTだが、6速100km/hで、2700回転ぐらい回っていたりする。

とりあえず首都高神奈川線から大黒PAに行ってみることにした。横浜駅周辺で首都高は地下にもぐり、制限時速は50km/hになり、右に左にとカーブが増える。そこを120km/hぐらいでズパーッと走り抜けるS2000。車体が全然ロールしない。むしろ遠心力で中に乗っている俺がドアに押し付けられるような感覚だ。しかしロールが無いので安心できる。
ベイブリッジの上り坂も、5速や6速で平気にすいすい登れる。力強いね。

で、PAで運転を代わってもらった。運転席に座ると、ちょっとニヤけてしまう。
っていうかクラッチがかてぇ~。半クラしづらい。これで首都高の渋滞にはまったら、きっと発狂すると思う。
ハンドルはちょうどいい重さ。足回りが硬いので、段差を乗り越えるときにゴツンゴツンとちょっと響く。が、気にしない。
一般道だったのだが、試しに3速で6000回転ぐらいまで回してみた。まぁ100km/h出てるわけで、警察いたら一発で免停ですが。
5000回転を超えたところから、エンジンの音が変わる。フィーリングも一気にスポーツっぽくなり、グッと楽しく、グッと緊張感が出る。出力のピークが4500rpmの俺の車とは大違いだ。違って当たり前だが。

あと、足元がしっかりしているせいで、多少無理なハンドリングをしても、スパスパ付いてくる。
FR車は初めて運転したけど、エンジンブレーキの利き方が今まで味わったことがない面白い感覚だった。おそらくエンブレが後輪に利くせいだと思うが、実際はよくわからない。
んでその友達とメシ食ってうちに帰った。S2000、いいっす。Hondaらしい、純粋に高回転を楽しみたい人には最高だと思う。あれでオープンにして高速すっとばしたら最高に楽しいだろうな~。
まぁマツダに魂売った俺としては、ロードスターで対抗してやりたい気もする。S2000は「すごい力の馬をゴウゴウと唸らせて走る」という感覚で、それもそれで好きだ。しかしロードスターの「人の言うことをよく理解する馬と仲良く走る」感じも捨てがたい。コンセプトが違うのだから優劣というのは付かないが、S2000に対抗するなら異なったコンセプトのロードスターだな。ロードスターほっしー!

2005/10/06

廃人

c68bbc77.jpg
【不正アクセス:うたた寝1時間でキャラ丸裸、2年の成果“盗む” リネージュ2】
くわしくはここ↓
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/game/gamenews/news/20051006org00m300037000c.html

結論から言うと、盗ったやつグッジョブ! 盗っていいよ。俺が許可する。



記事全文(MSN-Mainichiよりコピペ)

------------------------------------------------
不正アクセス:うたた寝1時間でキャラ丸裸、2年の成果“盗む” リネージュ2

 人気オンラインゲーム「リネージュ2」に不正アクセスし、他の参加者が育てているキャラクター(登場人物)の「武器」などを自分のキャラに装備させたとして、大阪府警住吉署は5日、名古屋市港区の無職の男(21)を不正アクセス禁止法違反容疑で書類送検した。同ゲームは一つの画面上に多数が参加し、参加者がそれぞれの登場人物になって戦いを続けていく冒険ゲーム。男は「当時、仕事が忙しく、貧弱な自分のキャラを手っ取り早く強くしたかった」と供述しているという。

 調べでは、男は4月20日未明、同区内のマンガ喫茶のパソコンを操作し、大阪市住吉区の漫画家助手の男性(31)になりすましてゲームに計6回アクセスした疑い。被害男性のキャラを勝手に動かし、画面上の人里離れた場所で「武器」や盾、よろいなどの「防具」を外させて隠した後、自分のキャラにアクセスし直して拾っていた。

 参加者ごとにID番号とパスワードが割り当てられているが、男が、思い付いたマンガの登場人物名を入力すると、偶然一致してアクセスできたという。

 被害男性は1日最長20時間、2年をかけて集めた「武器」などのアイテムが、うたた寝した間のわずか約1時間で消え、キャラが丸裸になっているのにがく然として同署に被害届を提出。「悔しくてたまらない」と血相を変えて訴えたという。
------------------------------------------------

うん、被害者は本格的な廃人だからさ、別にいいよ。どんどん盗ってしまえばいいんだ。まったくねぇ……「男性(31)」にもなってさぁ、一日20時間もゲームしちゃいかんよ。目覚めなさい!


といいつつ、盗ったヤツも「無職の男(21)」だしなぁ……働け!

2005/10/05

堀内辞任、原就任

c9b58c7b.jpg
なんというかまぁ、醜聞には事欠かない読売ですが。
これも「よくもまぁまたおめおめと」という類のニュースですなぁ。ナベツネがテレビに堂々と「(原を戻すのは)最初から予定通り。2、3年したらまた監督にするから外を見て勉強して来いと言っていた。それを実行したまで」などとえらそうにのたまっておりますが、ほんの一ヶ月前まで「星野さんはすばらしい監督」とか言って正式に監督就任を依頼してたじゃねぇかよ。舌の根も乾かぬうちにとはこのことだろ。


原としちゃ勝ったと思ってるんでしょう。だって原の頃の戦力よりもさらに補強しておいて5位だからね。ホント笑っちゃいます。しかしまぁチームにおける監督・コーチの重要さというのをひしひしと感じるここ数年ですわ。
よくスポーツニュースとかで「原監督にはじっくり1年かけてチームを立て直して、2年後の優勝を目指して欲しい」などという意見を聞くが、それはおそらく慎重すぎる意見だろう。俺は、来年巨人が優勝争いに絡んでくるのは間違いないと思う。理由は次の通り。
1. 原監督は過去にも就任1年目で優勝の経験がある。
2. 巨人の現有戦力は十分に強い。
3. 若手も十分に揃っており、また原は若手とベテランのバランスを取りながら優勝した実績がある。
4. (まだ正式発表はないが)尾花投手コーチの就任により投手力が飛躍的に上昇する。
広島に原監督と尾花投手コーチが欲しいぐらいだよ、ほんとに。

ちなみに「時間をかけて選手を育てる」というのは、野村克也(楽天の監督に決まったんだっけ?)が抜群にうまいと思う。ヤクルトを3年かけて優勝させ、阪神を3年かけて優勝できる状態までチームを作り上げた(実際はサッチーがらみで辞任して、翌年星野監督で阪神優勝)。
しかし野村は自分の理論があり、自分の理論に当てはまらない選手は絶対に使わない(ヤクルト時代の苫篠、阪神の今岡、坪井)。地味な役者の役回りに特に厳しいというイメージがある。いわゆる「監督主導型」のチーム作りをする監督だと思う。
それに反して原や星野は「選手主導型」のチーム作りができる監督なのではないだろうかと感じる。なぜこのスタメンなのか、なぜこの作戦なのか、なぜこの投手なのか、その「なぜ」の理論が一貫しており、さらに結果が付いてくる。選手も監督のやり方を信頼するという関係が結ばれる。また「理由ある起用」のため、選手達はパフォーマンスがよければ試合に使ってもらえることがわかり、若手は見せ場を作るために必死になる。それがよい循環を作っているといえる。
近年の監督は、型にハメていく監督主導で優勝まで導けるパターンは少ない。というか野村を除くと他に誰も思いつかない。広岡まで遡らないとたぶん無理。しかも広岡はロッテGMとして失敗している。簡単に言うと、もうそういう野球は流行らないのだ。また、監督に絶対的な知識と能力、そしてカンがないと成り立たない。堀内はこのパターンで失敗をこいた一人だ。無能なくせに監督主導。これが一番タチが悪い。そりゃローズもキレるっちゅーの。

もともと兵力は揃っている巨人であるからして、そういった選手主導式の野球をしたら、それはそれは強いだろう。上原とかまた15勝しちゃうと思う。尾花だし。いやだなぁ~。まぁでもセリーグも広島を除いた5球団はチーム力が拮抗しているし、なかなか楽しいシーズンになりそうですな。ヤクルトはちょっと弱いかも。

来期成績予想
1位 中日
2位 巨人
3位 横浜
4位 阪神
5位 ヤクルト
6位 広島
ってなところでしょうかね。というか俺はどこファンなんだまったく……。

2005/10/02

土浦の花火大会

土浦01

わざわざ土浦くんだりまで、花火大会を見に行きました。
もう10月なのでかなり涼しかったのだけど、すっごい人手であまり寒さは感じませんでした。まぁさすがに2時間も見てると寒くなったけど。
ていうか、出かける前から風邪ひいちゃってて、鼻が止まらなくて辛かった。体調がいいときに見たいよ。



そもそもあたくしは、花火大会なんて人が集まるところに行ったりはしなかったんだけど、誘われたので行くことにした。
土浦02
今年は同じ連中で江戸川花火大会にいったんだけど、今回の土浦の方が全然よかった。花火の質もよかったなぁ。3箇所から打ち上げるというのが見ている方からも楽しかったし、3箇所同時に打ち上げを行ったときは相当興奮した。
人ごみにいてもイライラしなかったし、土浦の地域性にも助けられたねっ! ていうか駐車場とか、もうグダグダ。思いっきり「POLICE」っていうビブスつけたおっちゃんが「あー、道路に止めるならこの先のところに邪魔にならないようにとめて」とか言ってるし。いやいや、そもそも駐車させるなよと。ま、うちらも近所のドラッグストアの駐車場に停めてたけどね。

ていうか人出70万人で、その辺走ってる車のナンバーがほとんど県外。「千葉」「袖ヶ浦」「習志野」「練馬」「横浜」
中でも横浜だけ妙に目に付いた。俺が気にしすぎなのか? 近所の人はわざわざ車で来ないんだね。だって、花火大会終わった後の国道6号とかすっごかった。ピクリとも動かないって感じ。ありゃ土浦通過で2時間かかるっていう事前情報もあながちウソじゃないな。

うちらは事前情報もあったので、20時過ぎには花火会場から退出開始。といってもクソ混雑している花火会場周辺から離れるのは大変で、20:40ぐらいに花火大会が終わるんだけど、結局最後まで花火見ながら歩いてた。
で、車について土浦脱出! を開始したのが21:20。超渋滞を覚悟していたのだが、以外にも高速は混んでいなかった。ETCの力をまざまざと見せつける形で料金所に並んでいる車をゴボウ抜きし、一緒にいった3人が車内で静かにしているのをいいことに150km/hで常磐道をぶっ飛ばしていたら、22:10には埼玉の岩槻についていた。早い、早すぎる。JHのハイウェイ・ナビゲータの想定通過時間よりも早い。
んで、埼玉まで着いたので安心してジョナサンでメシ。そこから葛西と鴨居に人を送って無事終了。帰り道は疲れてさすがに眠かったが……。
帰り道に眠くなるのはいかんよな……。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...